FC2ブログ

電圧検出器

鉄骨のショップに漏電していると皆が盛んに訴えるので、漏電は無いと信じて疑わないハムケンは、漏電のないことを証明するため、ネットで非接触電圧検出器を購入した。

こういう代物で、ペン先を電気が流れている(電圧がかかっている)所に近付けると、ブザー音と赤い光で警告してくれる。

いちいちテスターで調べたり、指で触ってビリビリ来るかどうかチェックする必要はないので便利そうだ。

交流の90ボルトから1000ボルト迄チェック出来る。

良く知らないが、おそらくは電場か磁場を検出しているのだろう。

ネットで確か55バーツ。安い!

タイの240Volt 50Hzの場合、通電している電気コードに2センチ位に近付けると赤く光ってブザーがなる。

電気プラグの穴にペン先を近付けても作動する。

ポンプの作動していない時に、この検出器をショップの鉄骨にくっつけても、案の定作動せず。

ハムケンは、「ほら見たことか。やっぱり漏電していない。」と思った。

しばらくして、ワーカーを呼び寄せ、電圧検出器の説明をし、電気プラグやコードに近付けて作動するのを見せた。

次に、「ショップの鉄骨には漏電してないから、光らない。」

そう言って、ペン先を近付けると、なんと言うことでしょう、赤く光ってブザー音が鳴るではないか!

「ほら見ろ、漏電してるじゃないか!」と言ったのはワーカーの方。

僕は一瞬我が眼を疑ったが、何回かやって、作動する確率が80%。

「オーマイガー漏電してる!」

漏電してないことを証明するつもりで買った電圧検出器が漏電を証明してくれた訳だ。

調べてみると、ポンプを作動させているときだけ、漏電してる。

配電盤から、一般電源とは別にポンプ用の電源ケーブルを取っていて、それをショップの屋根の下に潜らせて向こうの木い留めてある。

その何処かで漏電しているらしい。

明日、ちゃんと調べてみなくちゃ。

Panasonic?

発展途上国中華人民共和国 健在!

タイのセミ接写

多分、カオヤイ農園内で羽化したセミが、バーベナに留まっていたので接写に成功した。

体長は羽入れて7センチ位。

グーグルレンズで聞いたらDog day cicadasだそうな。

トイレのグレードアップ

トイレに自動給水ポンプから配管して、蛇口をひねると水が出るという当たり前が達成された。

ホースを付ければ、それをお尻に持っていき蛇口をひねればウォシュレットになる。

これで、わざわざ隣のテーサバンのトイレまでオートバイを飛ばして行かなくても良くなった。

住込みワーカーが、夜トイレが真っ暗で怖いから電気が欲しいと言うので、新しい住込みワーカー用掘っ立て小屋に配電するついでに、トイレにも証明をつけた。

照明器具は、使わなくなった植物育成用のLED。

赤と青の波長なので、こんなふうにいかがわしい色になる。

電気代は大したことないし、LEDの寿命も数万時間もあるので、常夜燈代わりに使える。

この色だと、不思議に虫が余り寄って来ない。

ただ、スケベ親父が勘違いして寄って来るかも。

ピーマン採れた2

光沢があって、思ったよりも大きいピーマンが沢山なって、嬉しいけど出来たピーマンをどうしたらいいか分からない。

これなんか言い型だ。

今日の夕方、ちょっと採っただけで150個採れた。やや遅採り気味でこれ以上放っておくと食えなくなりそうだったので慌てて採ったのだが、こんなに食べられないし、未だ店開いてないので売れないし、どうしよう。

ワンナムキアオの兄弟に40個、住込みワーカーに20個、今日の日雇い労働者二人に20個、家の前のおばちゃんに20個あげた。

自分のは冷蔵庫に未だ数十個入っているのでもう要らない。

キリマヤホテルのチーフシェフに写真送って、サンプルやるから来いとメールしたら、明日来てくれる事になった。

キリマヤのシェフならピーマンの美味しい使い方を知っているだろう。

日本のピーマンは、この辺りには滅多に無いので、他のレストランにも売り込んでみようかな。

野生ゾウ現る

カオヤイ国立公園には、かれこれ40回程行った。

1回400バーツの入場料を40回即ち16000バーツも払ったというのに、僕はただの一度も野生ゾウにお目にかかったことはなかった。

一ヶ月ほど前から、僕らのカオヤイ農園付近に野生ゾウが連日出現するようになってからも、一度も見たことがなかった(飼い慣らしたゾウは毎日見ている)。

野生ゾウは大抵夜間に出て来て、朝には森の奥に帰っているので、なかなか遭遇出来ないのだが(遭遇したくないが)、昨日遂に見てしまった。

レンジャーが数十名集まったが、見ているだけ。救急車や背広組も来たが、ゾウの後について歩くだけで何もしない。

上の写真は昨日の夕方のものだが、実は昨日は朝から農園に来ていた。

その時間、僕は友人をスワンナプーム空港に送るため、国道2号線を走っていた。住込みワーカーからラインメッセージが入り、作った温室のすぐ裏に野生ゾウが三頭居ると言う。住込みワーカーの旦那が今追っ払おうとしていると言う。

2週間前、僕らのカオヤイ農園に野生ゾウが出没するというので、カオヤイ公園のレンジャーや国の野生動物保護官やマスコミが集まったことがあった。

その時、もし野生ゾウに出会ったらどうするかレンジャーに聞いてみた。

彼は、1に逃げろ。2に我々に電話しろ、ということで名刺を貰ったのだが、その電話番号を住込みワーカーに伝えるのを失念した。おまけに、名刺は腹巻き財布に入れていたのだが、名刺や領収書で一杯になったので、数日前に名刺は全て別のバッグに移していて手元になかった。

しかし、写しておいたレンジャーの車の写真から連絡先が分かり、マシュマロちゃんが車からレンジャー出動を要請した。同時に、ワーカーに追っ払わずに遠くに退避するように伝えた。

レンジャーは直ぐに来たらしいが、その時は既にゾウは新たに建てた住込みワーカー用の掘っ立て小屋の裏を通って、ラムタコーンという沢の方に行って隠れてしまっていた。

その後、夕方に僕らが農園に着いた時にも、未だレンジャーは居て、野生ゾウの行方を探していた。

そうこうするうちに、野生ゾウは予想外の方向から一頭が現れた。上の写真は、その時のものだ。

他の二頭は行方不明のまま。

神出鬼没のような野生ゾウだが、僕は気が付いた。彼らは何時も決まった道を歩く。その通り道には糞があって、草木が倒されて、所謂獣道になっている。ゾウは何時も必ずそこを通る。

上記の写真の導線も、過去の数回と全く同じで、数メートルもずれてない。向かいのレストランの奥のジャックフルーツ畑に侵入したときも、塀の同じ場所を壊して進んで行った。

野生ゾウは、僕らのカオヤイ農園の両脇の小路を通ってラムタコーンと北側の山を行き帰りしているが、何故だが農園には入って来ない。

愛犬ベリーは、ゾウの後ろ20メートル程を歩いて着いていくが、吠えたりしないようだ。

ゾウは新しい掘っ立て小屋の近くを通るので、ワーカーが危険に曝されると思い、焚き火をして灰臭いを放たせば鼻の良いゾウは近寄らないだろうと思って指示したが、ワーカーはそんなことしなくても大丈夫と言って平然としている。

昨夜は、ゾウの大きな鳴き声が響き渡り、住込みワーカーの奥さんは安眠出来なかったと言う。

野生ゾウには、早く山に帰って欲しい。

いちごを定植してからは、二度と下りて来ないようにと願うばかりだ。

日除けパゴダ作った

今日一日で、簡素で平凡な日除けパゴダを作った。

全くもって美しくないが、機能は果たす。

屋根材は遮光布。よって陽避けになるが、雨避けにはならない。

空と象山が透けて見える。遮光度70%のニ枚重ね。朝陽と夕陽は入るが、日中は涼しい。

ここはハイシーズンには、お客さんの休憩場。ローシーズンには半日陰を好む植物の展示育成場として使う。

掘っ立て小屋完成

丸太の掘っ立て小屋は、何度作ったか分かりゃしない。

大抵、毎年作り直すし、2年で腐るから。

お陰で、同じような掘っ立て小屋でも、少しずつ進歩してきた。

今年の掘っ立て小屋は、今迄のどれよりも素晴らしい。

何が素晴らしいかって、丸太と釘の小屋のくせに、屋根は断熱材入りのカラー鉄板だい! これは藁葺きやトタンよりも3倍高い。曲がった木に取り付けたので自動的に歪な屋根になってしまい美しくないが、機能は抜群。他とは比べ物にならない。

壁のスマートボードも、今までは4ミリ厚だったのに、今年は6ミリにアップグレード。これで、子供がドンともたれ掛かっても壁が抜けて子供が外に転げ落ちることはない。

床は10ミリ合板の上に6ミリスマートボードで巨漢が飛び跳ねても床が抜けることはない。

蛇口をひねると何時でも水が出る!

開閉付窓がある。

今迄でトイレに一番近い!

テラスは丈夫な板張り。

竪穴式の柱は、黒いビニールシートを巻いて水や虫の侵入を防いでいる。

これで絶対、2年は使得るはず。

今後改善すべき点は、直角はちゃんと直角、水平はちゃんと水平になるように柱と床を貼ること。太さが異なる曲がった丸太でこれを達成するには更なる年季が必要そうだ。

直角も測れるレーザー水準器を買おうかと思ったが、そう言う問題じゃないようだ。とても難しいのだ。

カオヤイ農園に光ファイバー来た

3BBというプロバイダーが勝手に来て、勝手に光ファイバーFTTXに変えて行った。

今までは光ファイバーから数百メートル分電話線のVDSLという方式だったが、ショップ内のモデム迄光ファイバーが直結した。

モデムは注目のファーウェイ製5G Dual band。

今迄のファーウェイ製VDSLモデムも回収せず。

10倍以上速くなった。月額使用料は従来と同じ700バーツ。本当に5Gなのか? タイは日本より進んでいるのか?

「SSIDとパスワードを設定しておきましたから、直ぐに使えます。パスワードはこれです。」との説明。

「えっ、パスワードは変えますよ!」

「いえ、これは無料サービスなのでパスワードは変えられません。指定のを使ってください。」

「マジか❢」

ファーウェイの5Gに加えて、パスワード迄知られてたんじゃ、完全に筒抜けってことか!

何をモニターしたいのか知らないが危険過ぎる。

ただ、農園ではニュースや株価を見るくらいだし、主には防犯カメラとお客さんへの利便性提供であるから、まあ良いか。

しばらくしたら、勝手にパスワード変えてしまうことも多分出来る。

ということで、言うなりに従い彼の設定したパスワードを使うことになった。

田舎でひっそりと老後を過ごす人畜無害のハムケンの挙動を、何処かの国の誰かが監視したいということはきっとあるまい。

きっと、通信速度や品質をモニターしたいだけだろうと思うが、どうだろう?

カオヤイ国立公園ちょい散策

日本から友人がわざわざカオヤイの僕に会いに来てくれたので、世界遺産カオヤイ国立公園を案内した。

その時、見たものの紹介、

サル

電線に停まったクワガタ。

輝く甲羅の三角獣カブト。

遥かなる大森林

気持ちの良いパーデイアオダーイ ビューポイントは侵入禁止になっていた。転落事故でもあったのだろうか?

野生ラン

大きなアメンボ

朽ちた木に生えた大きなサルノコシカケ風茸

下剤として使われるセンナ

見たことない花

タイ空軍レーダー基地入り口

有名なHeaw Suwat滝

思ったより水量あり。一安心。

別の滝。滝という程ではないが。

第一ビューポイントからみた僕らの土地方面。

豪華なクレストンヒル分譲地と国立公園の隙間の土地。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
30位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
17位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる