コンクリートデッキ

カオヤイのいちご園のショップの横に、座ってゆっくり休むためのデッキを新設した。

コンクリートの柱と平板で、5mx5m位のスペースで、2日間1万バーツくらいで出来た。

多少コンクリート平板の境目が見苦しいので、そのうちコンクリートで埋めるが、全体的には平らで、4つくらいのテーブルセットが置けそう。

ラムタコーンの生き物

僕らの水源の沢:ラムタコーン(ラムタクローン)には小魚しかいないと思っていた。

10センチ以下の小さな魚しか見たことがない。

釣り人は来るが、やはり小魚しか釣れてなかった。

6年間も。

ところが、数ヶ月前に来た住込みワーカーが、朝夕に仕掛けを作っらしく、今朝その獲物を見せてくれた。

20~30センチ位もある魚

それと

すっぽん

こんなのを見たのは初めてだ。

びっくりした。

僕は魚は貰って、すっぽんは彼らにあげた。

そして、

「すっぽんは君達で料理して食べてくれ。でも、少しだけ残して僕に味見させてくれ。」

だから、日本でもほとんど食べたことがないすっぽんを明日味見出来るみたい。

歯垢と歯糞

63歳にしては歯が揃っている方だと思う。いや、揃ってはいないが、抜けてはいない。30代にタバコを吸った割には歯茎もまだある。

しかも、毎日ちゃんと1回か2回しっかりと歯磨きする。

にも拘らず、歯は黄色く、マシュマロちゃんは口が臭いと言って、週に1回前後僕の歯垢を掃除してくれる。

有り難い話だが、僕は大嫌いだ。大きな口を開けているのが辛いし、たいてい血が出る。

掃除中のマシュマロちゃんの顔は、まるで糞でも掘っているよう。

実際に、歯垢のことをタイ語では歯糞という。

時々、歯糞を見せてくれるが、勿論見たくない。

たまに僕の歯糞が彼女の顔に飛び散ってかかると悲痛な顔をするが、「ざまあみろ」と思った。

幸せな話だ。

庭に植えた木

この頃はフラワーパークといちご園の準備に忙しくて、新居はゴミだらけだし、庭は3分の2が手付かずで、しかも草だらけ。

1週間に1日くらいは仕事を休んで、家や庭のことに時間を費やしたいが、なかなか出来ない。

しかし、昨日は久しぶりに庭に4本の木を植えることができた。何れも以前に買って鉢で育てていたやつだが、ぐんぐん成長して大きくなったのに加え、どんな花が咲く木なのかが判明したので、色々配置等を考えて植えた。

この2つはただの薔薇だ。

下の土が固くて石だらけなので、古いココナッツ培地と土を混ぜて盛り土にしたところに植えた。

これは青い花が一面に咲くジャカランダ。

満開のときはこんな風に青く染まる木だが、タイのカオヤイでどんなふうに咲くのかは不明(見たことないから)。未だ木が1年生なので、5年は待たないといけないかも知れないが、僕が死んだあともこんな風に咲いてマシュマロちゃんの目を潤してくれたら嬉しい。

これはピンクの花が一面に咲く花で、タイの花である。

こういう花だそうだ。

この木は成長が速いので、あと3年もすれば高さ4メートル以上になって花が咲くのでは。花が終わると大きな葉っぱが茂るので、将来のウッドデッキ辺りに日陰を作ってくれるだろう。

これは以前植えた河津桜に似た桜でタイ産。

50センチ位の小さな木だったが、もう僕の背丈を超えた。桜は成長が速く庭を根っこだらけにしてくれる。

まだまだ鉢で待機中の木がいっぱいある。

それらの花に囲まれて悠々自適に過ごせるのは何時のことか。

池で育ったナマズ

ひと月くらい前に買ったナマズの稚魚を幾つかの池に放流して育てているが、鯉の池に放ったナマズが一番大きくなったので、捕まえて食べることにした。

25センチから30センチ位に育った。

このくらいだと、それ程脂は乗っていないが、脂の乗り過ぎたナマズよりもさっぱりして美味しいらしい。

ワーカーに4匹上げて、僕らが2匹食べることにした。

冷蔵庫には2日間に捕まえた大きめのウナギを2匹冷やして活動停止にしてあるので、今夜はそれと併せて煮て食べてみようかな。

建築材料の購入

グリーンハウス内のいちご高設栽培用の台を作るために、鉄の角パイプを沢山買った。

今度は、フラワーパークの日除けテントを作るために、また買い足した。

鉄はいろんな店で買うが、この頃は大型店で買うことが多い。その大型店は以前は割高に感じていたが、最近は少し安くなったのと、積込みをクレーンでやってくれるので安全に積める。

これまでに、タイでの鉄材の購入の様子を書いたことはなかったので紹介したい。

20km程離れたパクチョン市にあるインチェランSCGというお店だ。

店内の受付で、欲しい角パイプのサイズと厚さと本数を言って価格を聞き、良ければお金を払って、下の倉庫に行って貰ってくるろいう段取り。価格により選ぶ角パイプのサイズと厚さを下げたり上げたりする。

非常に広い倉庫兼売場で天井に巨大なクレーンが何台もある。

少量ならクレーンで中心部を吊るして軽く手で支えながら移動させる。

鉄材は長さ6メートルあるが、ワーカーのピックアップでなら運べる。

クレーンはこういうもの。

この店には大型トラックが多く入ってきて、次々に鉄材を買って行く。なので回転が速い。

鉄の価格は急騰して2年前の倍位になった。しかし、この数ヶ月で少しだけ安くなったようで、回転の悪い小さい店は以前と同じ価格のままだが、この店は少し安くなった。

価格は毎日変動する。

ガーバナイト滅菌なので、買って雨のあたる外に置いておいても、数ヶ月間は全く錆びない。

ファイヤーワークスの様子

今年のフラワーパークの最前列を飾る千日紅ファイヤーワークスの花が咲き出した。

未だ背丈は30センチ位だが、脇芽が増えてきた。

一月後には、背丈も株幅も数倍になって、花の数は10倍になると思う。

この花が成功するかどうかが、今期のフラワーパークの業績を決めるのでドキドキしている。

総加速師プーさん

それにしても、日本の周りにはろくでもない国ばかりで嫌になる

中国、ロシア、北朝鮮、韓国。

良くもこの時代にこんなにも阿呆でクズで時代遅れな政権が健在で居られるものかと呆れる。

僕はタイランドで第二の人生を送っているが、上記のクズ国家と比べれば、何と美しく明るい国だろうか。

このブログでは、最近あまり書かないが、僕は今でも中国とウクライナの情報収集に費やす時間が一番多い。毎朝一番のニュースは、それらの情勢を聞くことから始まる。(タイや日本のニュースは関心度低い)

けれども、このところ気分が良いのは、それらの国の崩壊がいよいよ現実の物として観えてきたから。

特に嬉しいのは、悪と無知の総加速師、習近平の続投が見えてきたから。

習近平には是非とも継続して頑張って欲しい。

彼こそが、中共崩壊、中華人民共和国分裂に導いてくれる総加速師だから。

大勢の中国人、香港人、台湾人、ウイグル人が救われる時が近付いて来たと感じる。

セロシアの第一期定植

セロシアことヤリケイトウは前期フラワーパークで人気だったので、今期は規模を拡大して育てる。

ざっくり言って前期の3倍位の株数と面積。

そして、花の時期を長引かせるために、第一期と第二期に別けて植える。

その第一期の定植が終わった。

肥料が効いて予定よりも早く大きくなってしまった。混み合って徒長気味なので直ぐに定植が必要になった。

約45000株ある。マシュマロちゃんと女性陣が、これ全部種から育てた。

プラグトレイから抜き取った苗を畑にもって行き、丸太を刺して掘った穴に一つづつ刺していく。

植え終わった様子。

ドロップ方式で優しく水遣り。

翌日には苗は真っ直ぐに立ち上がった。

良く耕した土なので、これから急速に成長して、一月後には花が咲く筈だ。

現在、第二期の種を蒔いているところで、既に5割くらい発芽済み。定植は来月10日前後の予定。

今年の3月のセロシア

去年の11月のセロシア

睡れない理由

このひと月余り、マシュマロちゃんは眠れない夜が続いた。

仕事のことが色々頭を巡って、考えるのを止められないのだそうだ。

以前は、眠れないときは抗ヒスタミン薬や軽い3印環の薬剤を飲めば、30分もすれば眠りに着いて、8時間位眠らないと起きられなかった。

それ程、良く薬が効いた。

ところが、この1~2週間程は、薬を2種類飲んでも全然眠たくならないという。

睡眠不足に加え、長時間労働で、彼女は疲れ切ってしまった。

昨夜は薬が効かないと言うので、ウィスキーの水割りを飲ませたら、12時頃に運良く眠れたが、朝3時からガンガンに眼が醒めてしまい眠れなくなったようだった。

どうも変だ。これは普通じゃない。

原因は何だろうと考えていたら、僕も眠れなくなった。

しかし、いろいろ考えた結果、辿り着いた結論は、

「薬が間違っているに違い無い!」

そこで、朝起きて直ぐに、このところ飲んでいる2種類の薬の包装の写真を撮って、午前中にグーグル先生で調べてみたら、

「やっぱり間違っていた!」(包装はそっくり)

何と、1つは心臓血管を拡げる薬で、もう一つはアルツハイマーや鬱に効く薬だった。

マシュマロちゃんが数年前に血中酸素飽和度が下がって救急車でバンコク病院に搬送された時に処方された薬らしかった。

包装や錠剤の見た目が似ていたので、僕も抗ヒスタミン剤だと思い込んでいた。

この薬じゃ眠たくなる訳が無い。

寧ろ頭が冴えて眠れなくなって当然。

マシュマロちゃんは薬のことは分からず、僕の出す薬を飲むだけだったので、僕の責任である。

僕の大失敗だった。

ごめんね、マシュマロちゃん。許しておくれ。

今日正しい薬を買ってきたから、良く眠れる筈だ。

追記:

今思うと、以前の低酸素血症は、所謂「コロナ」だったのかも知れない。

まだ武漢ウイルス騒ぎが起きる前だったけれど。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる