FC2ブログ

弁護士を使った事故賠償交渉

歩行者である僕と衝突したオートバイを運転していたのは、13歳少年、無免許で、オートバイは登録期限切れ、そして保険無加入だった。

もしもこの事故が日本で起こったとしたら、どんな場合でも運転者が悪いので、

①少年は逮捕または補導、少年院行き。

②加入している筈の保険から、被害者へ治療費の全額支給。通院交通費、無労働期間の補償に加えて、もし何らかの障害が残ったのなら、障害度に応じた多額の保険金が支払われるだろう。仮に、少年が無保険の場合でも親の自腹で払うべきは払われる。

のが普通じゃないだろか。

今回僕の場合、実際に治療に要した経費は合計で約60万バーツ(216万円)を超えた。大金である。それ以外に、僕とマシュマロちゃんがひと月働けなかった損害もかなりのものになる。

幸いにも頭の機能はほぼ回復したが、一歩間違えれば大きな障害が残ったかも知れないことを考えると、安易な補償は容認出来ない。

では、タイでの現実はどうか?

これまで警察から聞いた状況を纏めると、

事故を起こした少年は、警察から逮捕も何もされていないだけじゃなく、

①僕が車道を彷徨っていた。

②クラクションを随分鳴らしたが僕が避けなかった。

と言い、僕側に問題があったと主張しているそうである。

僕は衝突前後の記憶がないので、彼の言い分が正しいかどうか分からないが、僕が出血して倒れている写真を見ると、場所は車道どころか、歩道の端の方である。

また、マシュマロちゃんはクラクションの音など聞いていないと言っている。

これらからして、少年の嘘の可能性が高い。

また、少年の親は、既に村の長老や警察に根回していて、

①少年は悪くなかった。

②保険もないし、家にお金もないので、お金は払えないので払わない。

という示談に持っていこうとした。

心優しいハムケンも、

「いくらなんでも、それはないだろう」と思った。

マシュマロちゃんが、いろんな人にこうした状況を説明して相談したところ、概ね下記の様な意見、アドバイスを貰った。

①いくらタイが遅れていると言えども、先方の主張は法律的にもモラル的にも間違った方向なので、毅然として戦うべきだ。

②個人で言い争っても、警察との縁や袖の下の額に結論が影響されそうだし、話し合いに疲れたり感情的になったりするのは馬鹿馬鹿しいので、弁護士を使って裁判に訴えるべきだ。タイでも無免許運転は法律違反であるのかは明らかだし、相手も裁判で高額の支払い判決が出ると怖いので、裁判を避ける為に態度を変えるだろう。

③日本大使館に被害状況を訴えて、タイの行政側に文句をつけるべきだ。タイの警察に頼っては駄目だ。それくらいしないと、悪しき習慣は改善されない。

その通りだと思い、僕らは友人から紹介してもらった弁護士と相談した。

彼の意見は、実際の裁判は時間もお金も労力も掛るので、裁判を興すふりをして、早期に示談にするのが得策とのことだった。

彼は一人で警察署に行き、事故調査の進捗を聞き取り、何故少年が逮捕されないのか聞き出した。

数日後、警察から弁護士に、少年の父親が20万バーツを支払うので示談にして欲しいと言っているとの連絡があった。

20万バーツは掛かった費用の3分の1である。とても十分ではないが、次の理由で合意する事にした。

①タイの東京海上火災の医療保険担当者が便宜を図ってくれて、3分の1位保険金が出た。

②日本で入っている三種類の健康保険からも幾らかお金が降りる可能性がある(まだ未申請なので保険金額は不明)。

③裁判になると、数カ月から年単位の時間が掛かり、裁判費用も嵩む。

④裁判で高額支払いの判決が出ても、長期の分割払いとなる上に、実際に全額が支払われない危険性がある。

⑤揉めて恨みを買うと、裏で恐ろしい報復措置が取られることがある。

⑥20万バーツと言う金額は、彼らが実際に払える限度額に近い。

⑦僕らが選んだ病院は、この辺りでは一番高額なバンコク病院なので、掛かった経費は普通よりもかなり高額。

もう一つ、仏教的な見地から、年配の僕が少年の将来を考慮して許すのが美しいとのこと。

以上から、20万バーツ貰って、さっさと事を済ました方が得策と考えた。

弁護士と警察とマシュマロちゃんと少年の父親の4名で示談合意書にサインすることになる。

近く19万バーツが支払われ、不足分もひと月以内に払われるらしい。

僕が被害者本人だが、事故で頭の働きが悪い上に、タイ語やタイの法律に疎いので、ゴタゴタに巻き込みたくないというマシュマロちゃんの意向で、話し合いには全く参加していない。

話し合いの後、弁護士が僕のところに来て、上記の方針で良いか確認に来た。

弁護士の意見では、「落としどころ思う」ということだったので了解した。弁護士への謝礼は、5000バーツとのこと。

その時、初めて聞いて驚いたことは、少年は事故で転んだ時に片方の耳が取れてしまい、今も耳がない状態なのだそうだ。

まだ若い彼の得た痛手の方が重かったのかも知れない。

スカイダンサーが来た

カオヤイにある僕らのいちご園は、道路から30メートル奥から180メートル奥にかけてあって、疲れてぼうっと運転していると、いちご園の存在に気付かず通り過ぎてしまう可能性がある。

これを補う為に、道沿いに看板を立てたり、大きないちごハリボテを並べたりしている訳だが、この度更にインパクトがありそうなスカイダンサーなる物を購入してみた。

スカイダンサーとは、空気で膨らます人形だが、手足を動かして踊っているように見せる一種のスカイチューブのこと。

それを道沿いに建てれば、看板を見ない人でも何があるんだろうと興味を興味を引いてくれるのではないだろうか。

人形は赤い色のクマさんで、ここにおいでと腕を振ってくれる。

こういう大きな送風機で人形を膨らます。

以前からスカイチューブを試したかったのだが、事故でお金も時間もなくなったので出来なかったところ、先週末遂に注文したら今日物が届いた。

ワンセット7100バーツ也。

早速、試験的にお店の前に設置してみた。

右腕の肘から上を振ってくれている。

黒いエプロンをしているが、ここにいちごの絵を貼り付けたい。

大風が吹くと倒れるが、あとは大体予想通りの動きだった。

思ったよりクマさんの顔が可愛くなかったが、サンタクロースと色合いが近く、並べても面白い。

問題なく数日間動いたら、電線を埋めて大通り沿いに引っ越したい。

今度は土地の神様にお礼に行った

事故の傷が治ってきたお礼に、先日はワンナムキアオの有名な御坊様が居るお寺に行ったが、昨日はカオヤイ地域の地の神様の所に行ってきた。

その神様のことをチャオポーと言う。

昔、政府や警察もなかった頃、地域を守った地主のような者らしい。

それが何物であるのかは、今持って分からないが、お寺と言うより神社に近いのかも知れない。しかし、お祈りや飾り付けには、明らかに仏教の血が混じっている。しかし、仏教とは明らかに異なる。そして、タイ人は仏教と喧嘩することなく、皆チャオポーも信仰している。

チャオポーは、御坊様や仏様とは異なる。なにしろ、鶏肉大好き、お酒も大好き。油も大好き。

タバコや怪しい薬草まで好きでお供えしないと言うことを聞いてくれないという神様なので、仏様じゃあないことは確か。

カオヤイで事故を起こしたのでカオヤイのチャオポーに行った訳だが、その社の場所がカオヤイ国立公園内(入り口付近)なので、外国人も良く訪れる。案内人が、「お祈りすると、幸運が与えられますよ。」と説明すると、白人達も嬉しそうにお祈りしていた。

僕らは、本物の鶏の代わりに、鶏を型どった陶製置物を20体と、古い地酒10樽をお供えした。

地の神様は生きている訳じゃないので、陶製人形でも良いのだ。しかし、お酒は本物じゃないと駄目だ。

鶏もお酒も、お祈りが終わったら、さっさと持って帰らないといけない。

鶏人形の再利用方法は思い付かないが、お酒はズバリ飲めるので嬉しい。甘くて香ばしい臭いの原酒だ。

マシュマロちゃんからは、「難しいことは考えないで、兎に角有り難うと言ってお祈りしなさい。」と言われた。

ちゃんとそうしたよ。

だけど、僕が一番有り難うと言いたいのは、事故直後から諸々必死で頑張ってくれたマシュマロちゃん自身なんだけど。

野外コンサートとマラソンでいちごが消えた

日曜日の朝、朝6時半に家を出てカオヤイ農園に向かったところ、借家近くの道から農園迄、ランナーでびっしり。

昨日は、ミュージックフェスで大賑わいだったが、今日はカオヤイマラソンで大賑わいだった。

カオヤイマラソンは色々種類があるが、どれも速さを競う大会ではなく、体力や健康の向上を目的にしているので、集団毎に時間をおいてスタートしているらしく、全体として非常に長い隊列になる。

しかも、4.2km程度の家族向けコースと、もっと長距離のコースが複数あって、あちこちコースを別れて走る。

途中、500メートルくらいの間隔で多過ぎる程の水配布場がある。

隊列の中程になると、走っている人は半数位に減り、後列ではほぼ全員が歩いているから笑ってしまう。

ひと昔前まで、タイ人は歩くのも走るのも自転車漕ぐのも大嫌いだった筈なのに、何時から変わってしまったのか。今ではカオヤイで走るのが一種のステータスになってしまった感がある。

お陰様で、お昼近くからカオヤイ農園は人でびっしりになって、午後2時には農園の全てのいちごが採られて無くなってしまった。

日本では、普通いちご園を複数区画に分割して、日によっていちご狩りが出来る区画を制限して、いちごが無くならないように調整するのが普通だが、タイでは僕らのいちご園を含めて、全区画自由にいちご狩りが出来るようにしている。しかも、いちごが少なくなったからといって入園を制限していないので、今日みたいに完全終了になってしまうことがある。

加えて、小さい子供は、いちごを摘むときにハサミでまだ花や白い実しか出来ていない房迄一緒に採ってしまうので、事態を更に悪くする。

今期は寒くなるのが早くて、11月までの売上は好調だったが、これから暫くはいちごがない冴えない期間が続きそうだ。

サンタの季節

今年もサンタの季節がやって来た。

タイは仏教国だけど、日本みたいにクリスマスが大好き。

バンコクなら、街のそこら中にクリスマスツリーが飾られる。

僕らのいちご園も、売り物がいちごなので、クリスマスは大切なイベント。

と言うことで、去年買ったサンタクロースの風船人形を飾った。

これが子供達には大人気で、大抵並んで写真を撮る。

とにかく、いちごは赤、お花も赤、サンタも赤なのである。

朝のタラートタイ

退院した翌日、僕たちは疲れて眠い身体に鞭打って、朝の(夜中の?)3時半に家を出て、180km先のタラートタイに向かった。

タラートタイとは、バンコクの北はパトゥンタニ県にある生鮮食品卸売市場で、その規模は東南アジア最大級である。

ミカン市場だけで巨大体育館数個分ある。僕のブログにも以前紹介したことがあるから見て欲しい(こちらこちら)。 卸売市場と言っても、誰でも買付け出来るし、誰が何を販売しても良い。非常に開放的な市場である。

今回行った目的は、いちごの買出しである。

僕らがいちご園を始めた頃は、バンコクのパクローン市場まで真夜中に良く買いに行った。週に三回位行く必要があって睡眠不足で辛かった。しかし、ここ2年くらいは、パクローン市場からのデリバリーサービスがあって、随分楽をした。

今年は気温が低くなるのが早く、早くからいちごが鳴り出したが、いちご狩りではなく、いちごのパックを買い求めるお客さんが多く、いちごが足りなくなった。

しかし、パクローン市場への供給量は限られていて、デリバリーサービスはまだ始まっていなかった。

パクローン市場は非常に古い市場で、狭く駐車スペースもないという問題があり、当局も閉鎖の方針のようである。

一方、タラートタイはカオヤイからだとパクローン市場よりも一時間程近く、且つ駐車スペースは問題なく広い。

いちごがあるのは、ミカン市場から2つ目の建物にある混合果物市場の中にある。

美味しそうなドリアンエリアの向こう側にいちごエリアは有った。この写真だけでも、市場の広さが分かるだろう。

ここがいちごエリア。タラートタイでのいちごは、朝の4時から6時位がピークで、日が出た頃には売り切れとなる。

やはり北のチェンマイ高原辺りから採ってくるので、まだ完熟してないいちごが多い。

マシュマロちゃんが小学生から高校生まで過ごした全寮制学校の同級生がここでいちごを卸売しているので、その人に良いいちごを取っておいて貰って購入している。

今期、この市場にいちごを買いに来たのは既に4回目。僕はまだ車を運転出来ず、重い荷物も運べず、ここに来ても役に立たないのだが、マシュマロちゃんの居眠り運転防止の為に付いて行くことにしている。

事故とタンブン

昨日、手術を終えて退院したその足で、ワンナムキアオの偉い坊様のいるお寺にタンブンに行った。

タンブンとはお寺や御坊様にお供えをすること。

頭の怪我も肩の怪我も、思ったより早く良くなったのは仏様のお陰だから、お礼にたっぷりタンブンしておかなければいけない、と考えるのはタイ人としてはごく普通であって、それを怠ったなら、その人は不届き者の極致で、きっと将来酷い目に会うと考えるらしい。

実際僕は事故後に何人ものタイ人から、「治ったのは仏様のお陰だからしっかりタンブンしておきなさい」と言われた。

しかし、お寺の孫として産まれ、どちらかと言えば仏教徒な僕でも、そのようには考えない。考えられない。

それでは、不届きが運転するバイクに衝突されたのは仏様のお陰なのか?と思ってしまう。

早く治って来たのは、運が良くてそれ程重症ではなかったか、現代医学と医者のお陰であって、仏様のお陰とは思えない。

ましてや、会ったこともない御坊様のお陰じゃあないだろう。

「早く良くならせてくれてありがとう」と御礼を言う気持ちは分かるし敢えて反対しないが、タンブンに10,000バーツも出すのは正直勿体無いから止めて欲しいと思った。お金がたっぷりあるならいざ知らず、治療費として借りた借金もまだ返せてないのだから頭が痛い。

日本では、御坊様にお経や説教にお金を払っても、怪我や病気の回復のお礼にお金を払う習慣は無かったと思う。

それで、マシュマロちゃんと喧嘩になってしまった。「そんな大金を出す必要はない。」という僕のことを、マシュマロちゃんは、ケチで無信心と感じたようだ。

仏様に唱えるお祈りは、サンスクリットの言葉であってタイ語ではなく、日本のお教と少し似たところはあるが意味は分からない。お坊さんのタイ語も聞き取れず、僕には意味をなさないので、有り難さは感じられない。

お教と雑談の後、御坊様が縁台の上から降りてきて、僕の右肩を撫で、肩にふうっと何度も息を掛けてくれたときは、「この偉いお坊さんは病を早く治したり、痛みを取り去る神力があるのだろうか?」と思ってしまった。

仏教にそんな考えや風習があっただろうか? よく分からないが、タイには確かにあるらしい。

痛いところを擦ったり、息をかけたりするのは、「痛いの痛いの飛んでけー」の如く、古代から何処にでもある人間の自然な感性である。ワンコだって痛いところはペロペロ舐めてくれる訳だから、偉い御坊様がやれば普通以上の尽力を発揮すると考えるのは分からなくもない。

しかし、元来不届き者の僕は、老いた御坊様の臭い息よりも、若くて美しいお娘さんにやってもらった方が嬉しいし、きっとそっちの方が効果が高いと思ってしまう。

仏教だけじゃなくて、お酒や鶏の肉が大好きな土地の神様にも御礼をしないと行けないらしく、マシュマロちゃんは大量のお酒と鶏姿をしたの焼き物をも買って来た。こちらは、後日カオヤイ国立公園内にある神様にお供えする予定らしい。

それで気持ちがさっぱりし、不安から開放されるのなら結構なことだが、僕としては次の保険をどうするべきかとか、失ったお金と時間をどうやって回収するかの方にお金と時間を使いたいと思ってしまう。

タイは日本と宗教は似ている方だと思うが、宗教に関して心から共感するのは簡単じゃないと思った。

幸せないちご狩り

いちご狩り園をやっていて一番嬉しいのは、お客さんが楽しそうにしているのを見ること。それを見れば、それまでの努力も報われると言うもの。

フェイスブックページには、そんなお客さんの嬉しい写真が投稿されるので、それを見るのが楽しみだ。

今日は、ワンナムキアオのマシュマロいちご園(正式名称はファーサイ)のページに送られた写真を載せてみたい。

やっぱりマシュマロちゃんが拘った紫のバーベナが受けてるみたいだ。

手術終わった

昨日午後1:45に手術室に向かって、手術室で目が覚めたのは、夜の8時だった。

どうしてそんなに時間が掛かったのか知らないが、僕は少しも苦しくなかった。

嫌いだったチンコの管と喉の管は、驚いたことに起きた時にはもう外されていた。

「気管に突っ込む管が覚醒した時に気持ち悪くて死にそうだから何とかしてくれ」

と執刀医と麻酔医に言っておいたので、上手く処置してくれたのでろう。

チンコについては、手術室に行く30分前におしっこを出しておいたことを告げると、

「じゃあ、導尿しなくても大丈夫ね。」と看護婦が言っていたので管を差さなかったんじゃないだろうか。

ともかく、その2つがクリーアーされたので、僕は満足だ。

手術室は広く清潔で、看護婦が7人もいた。それに医師二人と麻酔医一人。そこらの大学病院よりも立派な手術室だった。

その看護婦が、僕がタイ語を少し話せると知って、ケラケラ笑いながら面白がって話か掛けて来た。

お酒、タバコ、血が固まりにくい薬をいつ使ったか、他にアレルギーはないか、手術経験等、煩く聞いてきた。

アレルギーといえばスギ花粉症があるが、これには説明に手こずった。何しろタイにはないので。

最後には理解して貰えたが、スギも花粉もタイ語が出てこなかったし、季節も違うので、面倒くなって、

「とにかく、タイにはないので薬もずっと飲んでないから気にしなくて良い。」と言い張った。

ナコンラチャシマのバンコク病院(私立)は、公営のマハラート病院と比べて遥かに小さい。患者数は100分の1くらいではないか? マハラート病院の患者数は異常に多く、人でごった返していて医師と看護婦は全然足りない。居ても、忙し過ぎて余裕がない。

一方、ここのバンコク病院は機器類は何でも揃っていて、看護婦も美人揃い。清潔で埃一つ落ちてない。

今居る病室は一泊3000バーツもして上級ホテル並みだが、水は10本あるし、大きめの冷蔵庫も湯沸器もあるし、電子レンジや食器棚や食器洗い場もある。部屋には付き添い者用のベッドやチェンネル数の多いテレビもある。バス、トイレは広く車椅子でも利用しやすい。

値段は公営病院の100倍するが(公立病院はタクシン時代の30バーツ診療が使える)、それでも僕は公立病院は使いたくない。マハラート病院の感染症のICUには50名以上の重症患者が隙間もないほど寝かされていて、実際3人が亡くなりつつあった(B型劇症肝炎でワーカーが亡くなったときに行った)。小児病棟も学生や家族が大勢いて清潔じゃない。胃のない胎児がチュラローン大学病院から移動してきた際には、チュラの医師から、

「あそこでは感染症に注意するように。」と言われたそうだ。

胃のない胎児の隣に寝ていた乳児には、若い女子高生みたいな娘が看病していたが、その人が18歳の母親で、乳児は重いデング熱に罹っていた。

ナコンラチャシマのバンコク病院の一般病室には、約一時間沖に看護婦が入って来て、心拍数、血圧、酸素飽和度などをチェックしたり、薬を持ってきたり、身体を拭いたりしてくれる。

今はまだパンツも履いていない手術着だが、今朝は美人で優しい看護婦さんにチンコまで吹いてもたった。

チンコが大きく立たなかったのが悔やまれる。

ここにも日本人の患者さんが多いらしく、日本語通訳が5名程いて、頼まなくても通訳者が無料で付くので、医師との会話や精算時の質問等に便利だ。(バンコクのバンコク病院には、日本語受付や日本語の問診票もある)

まあ、そんな訳で、お金さえあれば快適な病院なのだった。

この病院は、今回の事故入院以外に、マシュマロちゃんの肺炎の際も利用した。

10年前、タイフレンドリーというチャットで遊んで居た時に、何時もオナニーばかり見せつけてくる娘がいた。その娘がナコンラチャシマのバンコク病院に勤めていたので、タイ数度目の旅行の際に、バンコクからナコンラチャシマまで来て、ナコンラチャシマの街や遺跡を案内して貰ったことがあるが、その時にもこの病院に来たことあった。

公営の安い病院は、お金がない人達には絶対に必要で、公費で多くの人達を助けている。例の胃のない胎児も半年間以上無料のままだし。ある意味、日本以上に庶民に優しい。

けれども、やっぱり日本の医療制度や医療レベルは優秀だと思う。ありがたい国に住んでいたんだなあと痛感するこの頃である。

今日肩鎖関節の手術

昨日、コラートのバンコク病院に行って、右肩の肩鎖関節手術について、三人の医師と相談して、本日の午後2時から手術することに決定した。

手術の方法は予想通りだった。強力な人工繊維を鎖骨と肩甲骨を繋いでいた靭帯部分に通して結ぶのがメイン。

一番心配していた全身麻酔の脳への影響は、脳外科の医師から心配ご無用、手術には脳外科の医師も立ち会うとのことで安心できた。

昨日は、体重、血圧、心電図、血液検査、胸部レントゲンとありきたりの身体検査を一通り行い、内科の医師からは、

「あんた悪い所何処にも無いわ。」

と言われた。

悪い所があるから、高いお金出して手術受けるのだから、おかしな話だ。

そして今日は、今朝から9時前から病院に来ている。

内蔵の手術じゃないし、命に関わる病気の手術でもないのだが、僕は嫌い。特に口から気管支に突っ込まれる管が大嫌いで、麻酔が覚め次第うえっと吐き気に襲われる。

それと、ただでさえ細いちんこの口から長い導尿管を入れられるのも嫌い。抜く時痛いし、血もたいてい出る。

それらがなければ、全身麻酔の手術なんて痛くも痒くもない(麻酔が覚めると痛いが)。

なので怖くはないが、昨夜、悪い夢を見た。麻酔がなかなかかからなくて麻酔を入れすぎて、今度は麻酔から覚めなくなったという夢。その話をしたら、マシュマロちゃんが涙ぐんでしまったので悪いことをした。

一番怖いのは、今回の手術にかかるお金。多分、90万円。保険はもう限度額いっぱいで効かないし、ぶつかった相手は逃げの一手。

早く良くなって、しっかり働いて稼ぐしかない。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
38位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
21位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる