カンチャナブリ紀行記:ゾウ乗り体験

僕が初めてゾウに乗ったのはチェンマイの山奥だったような気がする。

しかしチェンマイの山奥から来たマシュマロちゃんはぞうに乗ったことがない。ということで、二人はゾウに乗ってみることにした。

 

P7300818

クウェー橋から山に入ると切り立った険しい山が見えてくる。

 

SL002346

行ったのはここ。サイヨーク・エレファント・パーク。橋からは1時間半の距離。

 

P7300882

もっぱら観光客をゾウに乗せるだけの場所。特にショーや象使いの体験等はやっていないようだった。

象乗り体験は30分間で一人300B。タイ人外国人の差はない。

ここへの入場は午後4時まで。

 

SL002352

ここには象は全部で25頭いる。

 

P7300821

たまたま、僕達と同時期に到着した日本人女性二人組の後ろを歩いた。

 

SL002365

彼女たちは大はしゃぎ。クレヨンしんちゃんの口真似できゃあきゃあと楽しそうだ。

僕も後ろからしんちゃんの真似をすると、

「クレヨンしんちゃん知ってるんですかあ?」と日本語で聞かれた。日本人と思われてないような。

 

P7300862

明るい森の中を歩く。

歩くコースは決まっていて、ある程度整備もされているので、ジャングルトレッキングの興奮はない。

象使いが象から降りて、写真を撮ってくれた。

 

P7300852

象使いが、背の椅子から降りてゾウの首に乗ってみろというので、恐る恐るやってみた。

これをしたのは初めてだった。かなり怖い。しかし、揺れは背中より少なかった。

背中の椅子に戻るのが大変だった。象の頭の上に足をかけ、強く押しておしりを持ち上げる。

 

SL002368

こんなイチジクもあった。

 

P7300875

クウェー川にもほんの少しだけ入った。

後ろの日本人のお姉さんたちは大興奮。マシュマロちゃんも大きな声を出して喜んでいた。

僕としては川の中を泳いで欲しかったが、人間が濡れない程度に水浴びして終わり。

家族サービスをするお父さんのような気分だが、楽しそうだったのでとりあえずOK。

日本人女ふたり旅は、「楽しかったわね。これで300Bなら安いわ。」と満足気。

象乗りが終わるとさっさと送迎車で別の所に行ってしまった。日本人は何時も忙しい。

 

帰り道、気持ちのいい農園があった。

P7300891

カンチャナブリの土地は例の回廊構想のために高騰しているようだが、この辺りの土地はまだきっと安いだろう。

風光明媚で水が豊富。山あり川ありのいい土地だと思った。カオヤイよりもバンコクに近い。

マシュマロちゃんもカンチャナブリが気に入って、お金持ちになったらこの土地を買って家を建てたいと張り切っていた。

SL002379

街道沿いでサラを売っていた。なんとも言えない強い匂い。いい匂いと臭いのとが混じっていて止められない。

食べ過ぎて口の粘膜が溶けて血が出た。 

 

SL002394

ホテルの庭にいたイエライシャンと蝶

SL002403

泊まったのは、戦場にかける橋から1km程のバンブーハウス。バンブーハウスと言っても、川の上に数棟竹で出来た部屋があるだけで、僕達が泊まったのは鉄筋コンクリートの普通のホテルの部屋だった。しかし、静かでエアコンもあり、蚊もいなかったので、却ってそちらのほうが良かった。川の上の部屋だと、トイレもシャワーもないし、ベッドでいたすと家全体が揺れて波立つので使えない。ホテル代は朝食付き税込みで980B。

 

P7300897

Related Entries

Comments

No title

初めてチェンマイに行った一昨年の10月、こんな感じで
象にのりました。

2人乗りの椅子に1人だったので、落ちないように椅子に
しがみつくのが大変でした(笑)

乗り心地はあまり良くありませんねぇ(^^;)

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

Re: タイトルなし

> ゆっくりと水に浸かると先導していた象使いの合図で鼻、前足を上げ川に投げ出されます、登るのは鼻に捕まり持ち上げて貰いよじ登るのですが、象の硬い毛で手足は傷だらけ、ギブアップしても20回ほど投げ出されヘロヘロになりました。
スゴイダイナミックですね。僕好み。今でもやっているのかなあ?

> 因みに翌日から暫く下痢で汚水を飲んだのが原因だったのでしょう、
> 機会があったらぜひお試し下さい(笑)。
下痢はちょっとヤバイですね。

すばらしい

象使いにいい写真を撮ってもらいましたね。
20年住んでいますが、未だにカンチャナブリに行けずに居ます。
この1年位の中で行ってみたいと思います。

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
2位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
2位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる