カンチャナブリ紀行記:戦場にかける橋

この週末はカオパンサーと重なり4連休だった。

仕事でやるべきことは沢山あるが、4日間ずっとオフィスにいるのも気が滅入るし、あと2週間あまりでマシュマロちゃんはいちごビジネスのためにコラートに行ってしまう。そこで、僕も彼女もまだ行ったことがないカンチャナブリに一泊二日で行ってみることにした。

多分、これが今年二人で行く最後の旅になるだろう。

カンチャナブリにはレンタカーで行った。ホンダJAZZ 48時間フル車両保険で2,350Bと連休の割には安かった。ガソリン代は二日間走って900B。

さて、行き先は

1. クウェー橋(戦場にかける橋)

2.象乗り

3,パラワン国立公園(パラワン滝)

4.シーナカリンダム

に絞った。

クウェー橋(戦場にかける橋)は、特に興味なかったが、カンチャナブリといえばクウェー橋なのでとりあえず行くことに。

グーグルマップのナビで約3時間余りでカンチャナブリに着いた。コラートよりも幾分近い。

ノンタブリからカンチャナブリまでは全くの平原。こんな拾い平原は日本では見たことない。

P7300781

P7300812

クウェー川(クワイ川)は淀んでいて流れが殆どなかったが、川の水はチャオプラヤーと違って土砂が混じってなく、深い緑色をしていた。

P7300801

観光客はこの橋の上で盛んに写真を撮る。座り込んでいる人も多く、混雑で歩きにくい程だった。

SL002326

鉄橋の反対側の端。

SL002333

橋を渡ると、オニキスやサファイヤ類のおみやげ売りがいた。カンチャナブリはオニキスやサファイヤ類の産地で、ミャンマーとも近いのでミャンマー産のルビーなども売っていた。だが、こんなところで買うと偽物を掴まされること請け合いなので買わなかった。

SL002336

SL002335

天気は雨期らしく、お昼ごはんを食べていると雨が降ってきた。この時橋の上にいた観光客は全員ずぶ濡れになった。

観光客は、タイ人、ファラン、中国人の順に多かった。

ファランが多いのには驚いた。バックパッカー風ファランが目についた。旧日本軍により酷い目にあった連合軍捕虜を偲んで来ているのだろうか? 連合軍共同墓地も観光コースだが、僕たちは行かなかった。昔、ここまで日本軍が進行していたことも、この橋は日本軍が作ったこともマシュマロちゃんは知らなかった。

泰緬鉄道に乗り、巨大な一枚岩を掘り下げたヘルファイアー・パスと線路の跡を見てみたかったが、それよりもエレファントファームに行って像に乗ってみることにした。

 

Related Entries

Comments

クワイ河マーチ

亡き父親が45回転、電蓄で聞いていた懐かしいマーチです。
ともぞうも好きです。
聴いていると、なんか勇気付けられますね・・・。

でわ

Re: 穴場

老後はですねぇ。○はもう出来ないだろうから、静かに果物や花や鶏と犬に囲まれて、ゆっくりとした時間を過ごせれば良いです。

穴場

別に後ろめたいからというわけじゃないでしょうが、カンチャナブリは割と日本人が少ないですね。アユタヤもゆかりがある割に少ないし。要はリゾートっぽくない、○遊びがないということでしょうか。

カンチャナブリはいまだにマラリアの流行地域ですから、蚊にはご用心。マシュマロちゃん連れですから、○の心配はないみたいですね。
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる