ギター

中学の時、母親にヤマハのギターを買ってもらった。それが非常に嬉しくて、お店で泣きそうになったのを覚えている。13000円のヤマハの1番安いモデルだったが、僕の宝物というか心の友みたいな存在になった。 学校が終わると、それこそ寝るまでずっと弾いていた。

近所のセントラルにもギター屋さんがあって、2-3度覗いたことがある。 「仕事が上手く行って余裕が出来たら買おう。」と思っていた。

マシュマロちゃんは、やはり山岳民族ガリアンの若い歌手、マリの歌が好きで、彼女のギターの弾き語りを見ては、

「私もギターが弾けるようになりたいわ。」と言った。

「僕も若い頃はギターのプロだったんだぞ。」

「あなたギター弾けるの?じゃあ、私に教えてくれる?」

「僕は若い時はシンガーソングライターになるのが夢だったんだ。ギターがあれば、何時でも教えてあげるよ。」

「本当!じゃあ、いちごでお金が出来たらギター買うから教えてね。」

そう言われると、急に買ってあげたくなった。 夜にギターを練習するのも楽しそうだ。 彼女は、僕の展示会で実に一生懸命に働いてくれたので、何か残るものをプレゼントしたいと思っていたので、今こそギターを買う時だと言う気がしてきて、半ば衝動的に買ってしまった。

買ったのはこれ。 中国製。8000バーツ。 3万円近いお値段なので、僕の2台目のギターより高い。入門機としては十分だろう。 「中国製でも物は良い作りですよ。」 とのこと。嬉しいことに、お店の永久保険付き。ブランド名は知らない名前。 マイクとイコライザーと調弦器が付いている。 時代は変わったんだ。カポタストも見たことない形。 これにヤマハの高級ソフトケース1300バーツとカポタストとピックを2枚つけて、ちょうど、10000のところ値切って9800バーツ。

いいじゃないの、 しあわせならば♪

Related Entries

Comments

なつい

アコギ、いいじゃないですか。
心が豊かになる、とても価値のある贈り物をしましたね。

No title

これこそ良いお金の使い方ですね。
9800バーツで喜び、幸せいっぱい広がり
その喜びと幸せは数万バーツくらいになったと
感じればなんだか得をした気分になれる。

一昔前を彷彿

マシュマロちゃん、なかなか様になっているじゃないですか。
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる