偽札掴まされる

先日の展示会で得たお金を今日銀行に持って行って、会社の口座に入金したのだが、、、

窓口で、「お客さん、これ使えません。」と言われて返された2枚の500B札。

「えっ!なんで使えないの?」

「この2枚は偽札です。」

銀行員は至って冷静にそう言った。

「えっ!なんだって!」

僕はそのお札を手に取って、触ってみたり透かしてみたりしたがよく分からない。不明瞭だが、ちゃんと透かしも入っている。

「ちょっと本物を貸してください。」と言って比べてみても、大きな違いはない。強いて言えば、印刷の色がやや違っていて汚れがあるくらいか。しかし、汚れや印刷のかすみは、使っているうちに出来てくるのもなので確定的じゃない。

「どうして偽札と分かったんですか?」

「紙の手触りが違いますね。偽札はお返しします。」

行員は警察を呼ぶでもなく、ただ偽札を返してくれただけ。

「偽札って、よくあるんですか?」

中国では偽札が市場通貨の5%以上出回っていて、経済破綻の引き金になる危険性があるそうだが、タイでの偽札の話はそれほど聞いたことがなかった。

「ありますが、私は初めて見ました。」行員はそう言った。妙に冷静な奴だ。こっちは胸がドキドキしている。

女性行員が横から話しかけてきた。

「このお札、どこで手に入れましたか?」

「ムアントンタニのインパクトです。」

「お店があるんですか?」

「いえ、展示会でブースを持っただけです。」

「ああ、そうですか。怖いですね。気を付けてくださいね。手で触れば分かりますから」

いや、何度も触り直したけれど、ほとんどわからないです。

展示会のブースは、偽札を使うにはバレにくい良い場所なのかもしれない。

 

IMG 6347

上の写真が古いタイプの本物の500B.

下が偽札。

多少色合いが違うが、ちゃんと透かしや銀の帯も付いている。

 

IMG 6348

こちらが裏面。上が本物、下が偽物。

カラーコピーなのかなあ。かなり細かい模様も印刷されている。

 

IMG 6349

こちらは2枚とも偽札。

上のお札は王様の頭の辺りにインクの汚れがある。

なるほど、よく見ると2枚とも番号が同じだ。

これを見て、初めて偽札だと納得した。

 

 

それにしても、警察に届けるでもなく、連行されるわけでもなく、偽札をただ返してくれただけなのは日本人からすると妙だ。

返してもらった2枚の偽札は、記念に取っておくことにした。

 

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

偽造はタイのお家芸

>偽札掴まされる

ババを掴まされましたか。

タイの偽造パスポートは世界一。偽札も結構出回っており、国境地域なんか行くと多いようですね。

>展示会のブースは、偽札を使うにはバレにくい良い場所なのかもしれない。

外国人は不慣れだと思われるので、狙い目なんですよ。まだ訪タイして日が浅いと見られたんでしょうね。

>しかし、汚れや印刷のかすみは、使っているうちに出来てくるのもなので確定的じゃない。

いや、結構違いますよ。Bank of ThailandのHPに見分け方が出ていると思うので、ご覧になって下さい。

偽札が区別できないようでは、商売はできません。

>それにしても、警察に届けるでもなく、連行されるわけでもなく、偽札をただ返してくれただけなのは日本人からすると妙だ。

別に妙なことでもありません。相手が個人だと結構そういう対応をされます。

理由は、

1.偽札が取り立てて珍しくない。既に確認されているタイプだとなおさら。
2.とはいえ、一応警察も捜査はしているので、事情を聞かれ、客に面倒をかける。
3.もし仮に、その客が偽造グループの一員だったら、銀行が報復を受けるおそれがある。

からなんですよ。タイとは、そういう国ですw

>返してもらった2枚の偽札は、記念に取っておくことにした。

タイでも偽造通貨知情行使罪がありますし、さらに使用目的での保持を禁じる偽造通貨保持罪まである点で日本より厳しいですから、シュレッダーにかけた方がいいかも。

ババ抜きよろしく使用したりすると、炎天下刑務所での厳しいロードーが待っているかも知れませんw

写真を見る限り、銀の帯の模様が
違うように見えます‥‥??

返してくれたのは、
「◯ッポンのボッタクリ露店ででも使ったら?」と言う、神の声なのかもかも。(笑)
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる