エッチメニュー

先日の新メニューの記事で掲載した、ち◯こソーセージの料理。マシュマロちゃんの他にも、近所のすけべおねえちゃん達に送ってみたら、やっぱり受けした。このブログの読者からも、「料理の才能ある」みたいなお褒めのコメントを頂いた。

しかし、すみません。あれは、自作ではなくてネットから拾った写真でした。

僕としても面白かったので、もっとないかと思ってネットをくぐってみると、面白いエッチなメニューがたくさんあった。

ところで、エッチというのは、それ自体ユーモアに満ちあふれている。

3−4歳の子供達は、「おしり」とか「ちんちん」とか、「ウンチ」と言うだけで、ゲラゲラ面白がって笑う。僕も幼稚園の頃は、お医者さんごっこが大好きだった。大人のユーモアも、その半数ぐらいはエッチな要素を持っているように感じる。疲れた時は、エッチな女とエッチな会話をすることが一番楽しいし癒される。エッチなことは、それ自体ユーモアなんだろう。

そこで、ユーモアの概念の歴史をウィドベキアで見てみると、次のように書かれていた。

「元々ユーモアとは体液を意味する「フモール」という言葉であった。ヒポクラテスが、人間の健康は四つの体液から構成され、どれか一つの量が基準値を逸脱すると不調になるという『四体液説』を指摘するようになると、次第にユーモアの示すものは体液から人の体調へと変わり、さらに、調子の変わった人物を指す意味へと変化した。医学、生理学用語であった「フモール」を、美学的な用語である「ユーモア」として使い始めたのは、ルネッサンス時代の文芸批評家達であった。[5]そして、17世紀になってイギリスで気質喜劇という形式の演劇が勃興すると、おもしろさ、おかしさ、滑稽さ、特異性などを意味するように、語意は変遷した。エリザベス朝時代のイギリスでは、奇矯であることが魅力的であるという風潮が一部にあり、奇矯な振舞いが横行し、「ユーモア」という言葉も、濫用と言われるほどに流行した。[6]ベン・ジョンソンやウィリアム・シェイクスピアは、こうした風潮に辟易していた。」

ということで、やっぱり肉体に関係する表現から変遷してきたようだ。

 

御託はこれくらいにして、集めたエッチメニューを勝手に掲載するので、お楽しみください。

面白いと思うか、食べたいと思うか、気持ち悪いと思うかは人に依るので何とも言えないけど。

後半のおっぱい編はみなさん食べてみたいのでは?

IMG 6024

IMG 6025

IMG 6027

IMG 6028

IMG 6034

IMG 6031

IMG 6036

IMG 6037

IMG 6033

こういう愛妻弁当食べてみたかった。

 

エッチメニューばかりのレストランがナナ付近にあったら、結構流行るのでは。 

 

Related Entries

Comments

芸術・ポンちゃん〜離婚率

・・いやいや、
ハムケンさん が 作られたら もっと もっと 芸術的 だと思います。
(東京大学仏文科卒業の黒門町・和菓子屋にも作って欲しかったです。)

ところで話は変わりますが・・ 
例の ポンチャノック容疑者は 日本語ペラペラで
日本人クラブ・マッサージ店を経営してたらしいです。

少なくとも 日本人五人は 毒牙にかかったようです。
どうやら 

もしかして、一人は 長崎出身で チェンマイで 家 購入した方ではないでしょうか・・・。
(某◯◯◯不動産屋から 150万THBの家を 300万THBで買わされ その後、トラブルになっています。)

「N」・日本人と
「T」・つきあう♀の背後には、だいたいタイ人の
「K」・彼氏がいる」
 
たしかに・・・ダイゴ風に言うと 「N」・「T」・「K」理論です。

異国日本語使現地人善人稀少。

ドル売り優性です。消費者信頼感低下が原因らしいです。
◯◯◯◯経済もほころびが出始めたようです。・・・

ついに 日本の離婚率が 1/3です。

ともぞう考えるには
◯◯のDNAには かまきり の遺伝子が 組み込まれていると
考えた方が 良い かも しれません。

種(たね)・金(かね)・屋根(やね=家)の「3ネ」盗ったら 後は 用済みポイ です。
(ともぞう理論)

でわ




No title

> エッチメニューばかりのレストランがナナ付近にあったら、結構流行るのでは。

これ、いいんじゃないですかね?
冗談でなく。

元々、東京バナナが流行ったのは、西洋人に受けたからですね。
西洋ではバナナ=男性器。

東京バナナは、西洋人が日本人の男性器のおみやげとしての、ギャグ商品として、ブレイクしましたね。始めは、日本人から受けたのでもなく、味が美味しいからでもないです。
それを証拠に、東京バナナのバナナのイラストは、蝶ネクタイ(西洋では男性の象徴)をしています。
チョコ味はリボン(西洋では女性の象徴)をしていますね。

キャベジズコンドームが受けたように、ナナ付近ではこのアイデアは受けると思います。
ただし、その場合も、西洋人がアジアに行って、アジアのエロスを感じるようなアイデアがいいでしょうね。
日本人だけでは、市場が狭すぎかと思います。


ただ、ギャグ的発想で始めるには、資本がかかりすぎますかね…。。。
スクンビット界隈の地価は、東京と変わらないですから…。。

エロ料理

>しかし、すみません。あれは、自作ではなくてネットから拾った写真でした。

なるほど、ハムケンさんが作られたとは、どこにも書いてありませんね。

早合点してしまい、すみませんでした。

この手のものは、日本にも結構ありますね。

おっ○いは、和菓子で作るのに適していそうです。

是非、次は自作に挑戦なさって下さい。
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる