ボーナス

昨年は、営業成績ゼロの大赤字なので、当然のように社員にも自分にもボーナスは出せなかった。

しかし、始業日の今日、思い直した。ボーナスは利益還元というだけの意味じゃない。

モンには、少しばかりのボーナスを出すことにした。

ほんとに少しだけど。

「今年は飛躍するとしよね。私達、絶対成功しようね。」

私達と言う言葉が心に響いた。

 

しかし、タイに持ってきていた軍資金が尽きたので、ボーナスを払う余裕が無い。

13日から22日まで帰国するので、軍資金を用意して来ないといけない。

米ドル貯金が為替で2割増えたと糠喜びしていたが、よく考えてみると円にしてタイに持ち込んで、タイバーツにしたら元の木阿弥。

2つの展示会でブース展開することもあり、2ヶ月で500万以上のお金を使うことになる。

それで成果がなければ、ちょっとやばいかなあ?

ひやひやものだが、くよくよしてても仕方がない。

やれることをやってみるのみ。

IMG 5048

タイの仏様は、どんなことでも聞いてくれるそうなので、ありがたい。

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

女性の望み

面白い記事を見つけました。

腹の中では、・・♀はこんなこと考えているらしいです。

住居費3000万(12.5万×240回払い) 生活費月12万 食費&外食費月28万
美容&衣料費月35万 設備投資月10万  交際費&興遊費月10万
養育費月20万 貯蓄月30万 自分の小遣い月20万
旦那の小遣い要望なし(推定月20万)

◎[理想を叶えるための最低年収:約2400万円※所得税は除く]

◎「結婚したい相手は年収1000万くらいの会社経営者(笑)」

と理想のパートナーについて語る◯◯さん。
実際に必要な収入を細かく割り出したところ、1000万円を大きく上回る結果となった。

印象に残ったのは、食費や美容&衣料費が高額だった点。
これは自炊がNGであり、洋服やバッグなどを定期的に買い替えたいとの理由からである。
その他、年齢が若いこともあってか、結婚生活や子育てへの細かな要望はないようだ。
(不動産投資新聞 参照)

「世の中ね 顔か お金なのよ。」(Jatstar☆回文 参照)

昨日 株下落・ドル円118円割れ から 介入始まり 又 官製相場 始まったようです。
年金 支払わずに なぜ 民間株市場に 公的資金投入 するのでしょうか。??? 

でわ

来月訪タイするので、為替の行方には
関心を持って見ています。
垂れている25日線を割り込んだので
円高方向に向かうかもしれませんね。

‥‥まぁ、また「黒田バズーカ」を
撃つかもしれないので、
あまり期待できないかもですが。

500万!

>モンには、少しばかりのボーナスを出すことにした。

気張っておられますね。

>2つの展示会でブース展開することもあり、2ヶ月で500万以上のお金を使うことになる。

タイでも結構費用がかかるんですね。驚きました。

良い取引先が見つかるといいですね。

ただ、実績がないと商談が弾みにくい気がします。結構いいところに目をつけておられるように思うので、一度チュラの生協にでも置いてもらって1~3カ月でも売ってみたらどうでしょう?

そこそこ売れれば当座の資金繰りにもなるし、売り込みやすくなるでしょう。

米ドルのまま送金

米ドルでの送金経験が過去2回あります。米ドル預金であれば、米ドルのままタイの銀行に送金しては如何でしょうか?スーパリッチでのエクスチェンジレートと比較して多少落ちますが、電子送金レートなので大差ないと思います。米ドルを円にしてタイに持ち込んでバーツにするよりもトータルコストは安いと思います。(確認してみてください)

年金・・給付金先送り

あらら・・月5000円の年金生活者支援給付金の支給先送りが決定
・・・中止・減額で9000億円カット。

更に、2017年の消費税増税10%で10000円/1ヶ月/1家庭の出費増。

非正規雇用率は4%→17%。実質賃金は2013年7月から16ヶ月連続減少です。

ともぞうの給料は、平成元年・小泉首相から 右肩下がり、ずーーーっと 減少です。

「え! また、エアアジア? 会え たまえ。」(ともぞう)

げっげ・・・、スラバヤ発バンドン行きが、離陸直前に、エンジントラブルだそうです。

でわ
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる