2014仕事納め

昨日で今年の仕事納め。

プーとモンの発案で、ささやかなパーティーを開いた。

タイの会社では、どこもそうしているらしい。この近所の多くの会社も、25日、26日と元気にパーティーをやっていた。パーティーと言っても、小さな会社がやることだから華やかなものじゃない。大抵は、社員が調理するか持ち合って、会社側がビールやウイスキーを振る舞って、後は大きな音でBGMを流して、ワイワイがやがやするだけだ。しかし、タイでは、こうした活動が社員のモチベーションやコミュニケーション向上に大きく影響するそうで、それなりに重要なんだとか。

昨日は昼過ぎから、仕事そっちのけでその準備に忙しかった。モンが沢山の風船を買ってきて部屋を飾るという。僕は、その風船を膨らます役目。約60個の風船を1時間以上かかって膨らませると、もう疲れてしまった。

PC260301New

モンとは仕事のことで時々口論になる。

「私はタイの事情を説明しようとしているのに、あなたは全然聞く耳を持たない。」とよく言われる。

しかし、口論の後、彼女はすぐに笑顔に戻って気まずい雰囲気を和ませてくれる。

最近は彼女のおしゃべりが多く、僕の思考や作業を中断させるので煩く思う時もあるのだが、底抜けに明るい彼女がいてくれたから、思うように行かない時も楽しくやってこれた。ちょっとしたことでも、思いっきり楽しく振る舞おうとするのは、タイ人の気質だろうか。

ともかく、彼女の笑顔に僕は何度も救われた。

27日の土曜日から新年4日まで彼女は故郷に帰るため、このオフィスは僕だけになる。

「グットモーニング! あのね、昨日私、カクカクシカジカ」

という元気な声が聞けないのは寂しい。

IMG 5003

今年はボーナスを払えなかったけれど、来年は僕の事業が花開く予定なので、そしたらボーナスを弾んでやろうと思う。

IMG 5004new

PC260311

まだ明るい4半時頃から宴会開始。

カレーライスと日本そばはまあまあ受けたが、意外にも肉じゃががいまいち人気がなかった。甘くしすぎたかな。

ビールを冷蔵庫いっぱいに冷やしておいたのだが、僕くらいしかビールを飲む人がいなかったので大量に余ってしまった。でも、お酒類が余るのは問題ない。腐るわけじゃないし、どうせ自分で飲むから。

 


SL000007

パーティーは6時過ぎに終了。

準備時間のほうがずっと長かった。モンが用意したチキンナゲットやフレンチフライ、それと未だ沢山余っていた日本そばとカレーは、そのまま次のパーティー会場へ持ち込まれた。「片付けてくれる人がいないから」という理由で、食器類も全部使い捨てのものを使った。そのお陰で、弊会と同時に、部屋は綺麗さっぱり。

飾り付けは勿体無いので、もうしばらくこのままにしておこう。

IMG 5008

それがここ。

プーの家の前の道路で毎年開かれる、近所様だけの小さなパーティー。

IMG 5009

IMG 5016

彼らのタイ語での会話に大体ついて行けるようになった。こういった団欒では、難しい単語が使われることはないので、耳にやさしい。おばちゃん達の下ネタも上品な言い方ながら分かりやすい。

こうして2つのパーティーを掛け持ちしたわけだが、近所の友人たちだけで、仕事で知り合った仲間は来れなかったのが残念。思えば日本では、仕事仲間と飲むだけだったような気がする。この2年で自分の人生も大きく変わったものだ。

ことしはスタートアップで終わってしまったが、「来年こそは持続可能な状態に持って行かなくては」と決意を新たに、千鳥足で一人部屋に帰った。

 

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

日本人は好きだが

>そうではなくて、日本食らしい日本食が食べたいというリクエストに答えたのでした。

肉じゃが、すき焼きの類は予想に反して好まれませんが、そういうリクエストじゃ仕方ありませんね。

Re: タイ人になりきれない

> かなりタイ人と慣れ親しんだとはいえ、ハムケンさんは所詮日本人ですから、まだまだ日本人的思考なのかも知れませんね。
そうではなくて、日本食らしい日本食が食べたいというリクエストに答えたのでした。

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

タイ人になりきれない

>意外にも肉じゃががいまいち人気がなかった。甘くしすぎたかな。

辛くしても、おそらくダメですよ。

タイ人は肉じゃがに馴染みがないし、牛肉をあまり食べません。

味覚は保守的なものですから、嗜好が顕著に表れます。

肉じゃがが懐かしい家庭の味というのは日本人の発想ですね。

>「私はタイの事情を説明しようとしているのに、あなたは全然聞く耳を持たない。」とよく言われる。

そんなこと言われているようじゃ、まだタイ人のニーズを把握する姿勢ができていないんじゃないですか。

No Market Needなんじゃ、見向きもされません。

かなりタイ人と慣れ親しんだとはいえ、ハムケンさんは所詮日本人ですから、まだまだ日本人的思考なのかも知れませんね。

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

こんばんは。
あまりにタイ人に馴染みすぎて‥‥
写真の中で誰がハムケンさんか
思わず探してしまいました(笑)

スタッフの方々の笑顔も良くて
会社の雰囲気も良さそうです。
来年は良い年にしましょう‥‥お互いに。
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる