タイ軍事政権のやる気

現在のタイの政権は非民主的に作られたものだが、今まで誰もやれなかった改革をやろうとしているように見える。

僕が驚いたのは、相続税と固定資産税設置の動き。

貧民層に人気だったタクシン政権でさえ出来なかったこと。それが相続税と固定資産税。それと汚職の追放。

タイ社会で問題となっている格差。これが一連のデモ騒動の元凶で、タイの発展を妨げる要因にもなっていると思う。

優れた社会は、努力すれば(それから運が良ければ)リッチになれるが、集まったお金の一部は持たざる物に還元される。そのバランスが重要なのだが、それがタイにはなかった。富める華僑が作った社会だから当然の結末とも言える。

ニュースによると、国家立法議会(NLA)は18 日、相続税の関連法案の第1読会で採決を行い、賛成160 票、反対16 票で法案を可決した。今後は25 人で組織される委員会が設置され、90 日以内に法案を精査し、第2読会に提出する段取り。

可決された法案によると、

  • 相続税は、血縁者が相続人の場合、5,000 万バーツ(約1億8,100 万円)までは課税を免除。
  • 5,000 万バーツを超えた分については、10%の税率で課税。 
  • 所有者が法的に登録されている住宅、土地、自動車、債券、株式、預金などの資産が課税対象。所有者が登録されていない宝石、宝飾品、高級時計などは対象外となる。

法案は財務省が作成し、プラユット暫定内閣が11 月に承認していた。

さらに政府は、貧富の格差是正を目的に、贈与税、土地・建物税(固定資産税)の導入も計画しているそうだ。

これが出来ればたいしたもんだ。

 

それに加えて、少し前に警察幹部の汚職を大々的に摘発した。警察の汚職をなくすことは、プラユット氏の長年の夢だったとか。

非民主的な方法で出来た暫定内閣は好きになれないが、タイ社会を本気で改革しようとしているのかもしれない。

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

コップの中の嵐

相続税と固定資産税は現在でも0ではなかったように思います。今回は課税対象を拡大したのではないでしょうか。

そうは言っても、タイで「5,000 万バーツ(約1億8,100 万円)」ですから、遥かに所得の多い日本でさえ、現在、基礎控除が「5000万円+法定相続人1人当たり1000万円」で、年明けからは「3000万円+法定相続人1人当たり600万円」になることを考えると冗談のようなものです。

しかも税率はたったの10%。日本で1億以上相続すれば40%です。

一体、どのくらいの割合の人が課税されるのでしょう。タクシンのような大金持ちは対象になりますが、10%じゃ蚊に刺された程度にしか感じないでしょう。

所詮、軍事政権だって、退役後、国王の諮問機関のメンバーになった元軍人が構成していますから、王室につながりの深い特権階級の利益代表のようなものですよ。実効性のある改革なんて期待できません。単なる人気取りですね。

警察幹部の汚職摘発は、摘発に名を借りた、タクシン派つぶしでしょう。

タイの国体を大きく変革できたのは、タクシンをおいて他になかったと思います。何といってもタクシンの最終目標は王制廃止、自ら大統領に就任するというものですから。

コンドは、今度

相続税は、死んじまってからのことなんで、どうでもいいんですが・・。

これから、今度、コンド買うかなって考えている 先の短い私。
あらら・・・、固定資産税が問題ですねぇーー。

タイも、近々、座っているだけで、ショバ代抜かれるんですか。
ともぞう、、今、資料請求するとこでした。
その在タイ不動産屋は、相続税と固定資産税の無いメリットを、バリバリ全面に出していましたが・・。

でも、これからは、増々、日本では資産が目減りして行き、
ただ、じっとしていてもの速贄のえさ同然です。
円安父さん、モズの巣で、膝かぶ痛める。
托卵された上に、しばらく出ない年金の半分まで、持っていかれたのでは、シャレになりません。

カンボジアの利息も3年前に比べると半分近くの7%になってますね。
口座開設の条件もタイみたいにだんだん厳しくなっています。
その上、出金制限も有るみたいです。

固定資産税なんか作ったら、ただのリスクの多い国です。
タイ国民だけで、時代遅れの再分配・経済成長する気なのでしょうか。
マレーシアの二の舞です。

タイは、そのままでも、治安よろしくないのに・・。
あぁー・・南部に特区作っても、渡航延勧告出されている地域ですからどうでしょう。
だいたい、もう、人口減少してるんだから、タイも。

ちなみに、例のマレーシア機は、米にテロ防止のため撃墜されたと言うことです。
犯人らしい一人は、パタヤでチケット買ってます。

それと、パタヤのロシア人は減ったのでしょうか。
なんか、ロシアに中国人がルーブル下落で、ブランド品買いに行ってるらしいですが。
でわ
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる