ころんだら骨が見えた!?

友人に会いにバンコクに出かけた時、家の近くの段差に躓いでコケた。その時、段差の角で脛を強く打った。

結構痛かった。

傷をの覗くと、何やら白いものが見えている。ちょっと脛の部分で、皮膚のすぐ下に骨があるところだ。

IMG 4626

傷自体はたいしたことはないのだが、この白いものは一体なんだろう?脂肪にしては白すぎる。

 

IMG 4639

今日見てみると、白くてちょっと固い破片みたいなものがある。こいつはきっと骨が削れたカスか?

Related Entries

Comments

Re: No title

> タイの歩道はでこぼこ道で歩きにくいですよね?高齢化に伴い骨がもろくなってなってくるので転んだら簡単に骨が折れたり、ヒビが入ったりしてくるようです。またなかなか治りにくいそうです。運動不足になっている年齢でもあるので注意が必要ですね?
スマホ見歩きが危険ですね。躓くものが多いので。

お骨

骨でしょう。きっと。

脂肪は真っ黄色ですから。

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

骨折り損のくたびれ儲け

ハムケンさん その後 いかがでしょうか。
ハムケンさんは ・・ちゃん、日本のご家族が居られるので
関係ないでしょうが。

特に 老人の一人暮らしには つらいものがありまして・・・。

火の始末
施錠の有無
包丁の扱い
食事
腰痛

ちょっとの怪我が命取りになります。
数年前、ともぞう腰痛で三日三晩寝たきりになりました。
「・・でも、トイレには行けたんだろ。」
と、ともぞうに言ったひともおりましたが、

腰が抜けた状態で必死の思いでトイレまで、・・漏らさず、
なんとか往復いたしました。

ともぞうも よく つまづきます 最近・・・。
カーペットの端
ドアの出入り口
何時ぞやは 階段から 転げ落ちてしまいました。
あらら・・危なく 膝の皿を割るところでした。

体の動きが悪くなっているのです。
人間は 足から 弱っていきます。

・・・お迎えが近いのでしょう。

一元=20円だそうです。一万で500元です。
ちゃんちゃら おかしくて 両替する気になりません。

ええっーー。
タイでも人口減少が始まっているらしいですね。
去年11月のパタヤでは、予想に反して 不動産の空き物件が 以外に多いので びっくり箱 でした。
ひとは、年寄りのファランだけです。
センタンの某有名カレー屋ももぬけの空でした。
主の死んだ移転後の日本料理屋は、閑古鳥が鳴いていました。
クーデター、洪水など投資環境としては マイナス要因です。

原油安でロシアは、今、あっぷあっぷです。きっと、パタヤ・直行便のロシア人の観光客は減ったことでしょう。
狭い道すれ違って、避けようとしないのは第一位は、ロシア人でした。
道を空けるのは、アジア人の方だと思っているのでしょう。
外国人は正直というか、合理的というか、あからさまですから・・・。
個人的には、悪い人は少ないのですが・・・・。

韓国は、日本人の観光客が激減らしいです。どこかでも、書いていましたが・・・。
たしかに、今、韓国で買うものが見当たりません。
あーーー物価は、韓国の方が高くなってしまったのです。
その分、失われた20年の間、韓国では所得が上がっていたのです。
日本は、その間ずーーーーーと、下がりっぱなしです。
かといって、金融緩和でインフレにしたところで、所得が上がらないのに物の値段はあげるは、・・
消費税は上げるは・・でダブルパンチです。
わずか1%の大企業のための政策では・・非正規雇用が増えただけ。
仕事は正規以上にさせて、給料は半分以下。
きっとこの国の政治家は、大企業の手先なのでしょう。

しょうがないよね・・裏で金貰ってんだから・・。
おんぶにだっこ 上げ膳 据え膳 だもの。
小渕・・あーーたら こーーたら なんか みんな やっとるでしょう。
国会見学とか言って温泉旅行して来るヤツ。たった、二千円ぐらいで・・・。
デキレースやろ。ガス抜きの・・・。

なんか邪魔者 海外に追いやって さらに 税金とる魂胆らしいですね。・・・・・。
海外移住組から 税金とること 考えているらしいです。

女房に年金も半分取られるようになって・・退職してほっとするのもつかのま 熟年離婚。
そのまま 半分の年金も もらえず・・。 

ますます、落ち枯れ葉の面倒を見る者などいないでしょう。

・・・どこを見ても 死肉を食らう ハゲタカ ばかりです。





Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる