地下鉄MRTの中で見た日本語

MRTもBTSも社内にTVモニターがついていて、そこからは日本語のブランド名や店名が頻繁に聞かれるのだが、MRTの車内ポスターで日本語を見つけて、ちょっとびっくりした。

始め絵を見て、次に英語を見て、次にタイ語を読んで、その後に日本語に気がついた。

そんなに日本人が多いわけでもないだろうが、平和ボケの日本人の被害者が多いのか、ちょっと新鮮な印象を受けたので写真を撮ってきた。

それだけ。

 

 

IMG 4541

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Re: No title

> MRTだからではないですか!?
そうかもしれません。
僕の町を通る建設中のパープルラインは、蛍雪のみならず、運営も日本の会社になったそうです。
かなり期待。

No title

MRTだからではないですか!?
インフラ整備を日本のODNでやったていうやつです。

私がタイ初心者引率の際は
例の看板を見せて 親日国家っていうのをアピールしています。

たけやぶやけた

去年、パタヤに行って、
横断歩道をわたる時、車を避ける為に後ろに下がった。
(大体、ここの横断歩道の信号が青になるのを見たことが無かった。)
その時、バイクの前輪が私の体に当たった。
バイクの運転手が私に殴り掛かって来た。
・・・・

日本なら
観光客に殴り掛かると言うのはよほどのことだが、タイ・パタヤでは常識らしい。
見かけで人を判断する国民性??なので・・なめられたかも。
短パン・Tシャツ・サンダルだった。でも、ファランは皆こんな格好だ。
「戦争に負けた」からしょうがない。と自分に言い聞かせた。

皇国の興廃、時既に遅し。である。
私の叔父もサイパンで玉砕した。

もう背広はたくさん。
2,3着残して全部捨てた。
ベルサーチ・アルマーニ・・。あーーたら こーーたら、
スーツを着てても、正直だとは限らない。
上から八百長・嘘八百を強制されることもあるのだ。

サッカー・相撲・・・本当はあるんじゃないか。
バズーカで本当に景気よくなるのか。今は景気の好循環か。あはははは
GDP・給料下がってるのに 好循環・・は無いでしょう。
嘘でも 堂々と 言うと・・  やっぱり 後ろに控えているヤツが違うと 違うんだ。
税金で株釣り上げているだけじゃないのか。

なんで相撲取りの♀は、美人ぞろいなんだろう。・・・・。
高見盛は、浅草でくじら食っていた。奥座敷で・・・・。
一緒に居たスレンダーな美人は、誰ですかーーーー。

東京で働いている時、増井山にアメ横で会った。
オレより背が小さい、びっくりした。
相撲取りでもやって行ける。?? いやいや 根性が無いので無理です。

ビッグCの喫煙コーナーでタバコを吸っていると、
なんか隣のタイ人が文句を言っている。
たぶん、赤ちゃんがいるからお前はタバコを吸うな。と言っているらしい。・・・・

ほほーーん なるほど 
喫煙コーナーで人にタバコ吸うなとは、立派なものである。
どちらも殴ってやってもよかったが・・
(・・・実は短気なんです。)
その為、片目潰れているんです。実は・・・。
・・・嘘です。

この前も田舎のじじぃと乱闘になった。危うく、TVに出るとこでした。
こちらのポリスは、なにしろ八百長なんでもあり、タイ人の味方をすると聞いていたし、すぐナイフが出て来て腹でも刺されたら大変なので止めておいた。
警察関係者は、も?
平気で嘘をつくので 一人旅の日本人なんか 朝飯前だろう。
ロシア人カップルもホテルのビーチで刺されてるし・・・・。
コンドの名義変えたとたんに殺されるし・・・。
ある邦人もぱたやはやばいと言っている。(たけやぶやけた。)

ニューヨークのストリップ見に行った時、
入り口がわからず うろうろ してたら 親切なブラザーが
勝手口から 案内してくれた。その時、厨房のホワイトに見つかり大声で怒鳴られた。
(てっきり ピストル出されて撃たれるかと思った。)

ネーチャンにチップやろうとしたら、
真顔で「あんた、そんなことしたらヤバくなるから、止めておきな。」
言葉は無かったが・・そう、感じた。

地下鉄の中でドイツ人の家族に会った。
こちらのグループにその中の子供が近づいて来て 目を手で細めて
べろべろ バーして来た。その目を見たが ふざけた様子は無かった。
・・・アジア人種に対する・・・を強烈に感じた。
もともとゲルマン民族は、優性思想があるのでしょうか。・・・。





カモ

いいカモだからですよ。
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる