マーク島旅行記4:魚

水深5mまでOKなコンデジを持っていったので、水中写真を撮ることが出来た。

ダイバーの僕としては、この程度の水中写真は面白くもなんともないのだが、マシュマロちゃんは大興奮で、やたらと沢山写真を撮った。

こんな写真でも、 マーク島の海がこんな感じだというのは分かるだろう。

残念ながら、サンゴは死滅している。昔の八重山諸島の石西礁湖と、ポナペ島、フィリピンのパラワン島、フィジーのママヌザ諸島のサンゴ礁は素晴らしかったが、今どき、サンゴが活き活きとしている海域を見つけるのはなかなか難しい。モルディブもほぼ全滅状態。死んだサンゴの海は墓場のようで、潜ると気持ち悪い。

マーク島のサンゴは死滅しているが、浜辺に打ち上げられた小さなサンゴのかけらが、かつてサンゴ礁が発達していたことを物語っている。

 

PB210446 small

ここはホテル前の波打ち際。水深20センチのところ。小さな魚がいっぱいいた。

 

PB210447 small

マシュマロちゃんはこれだけで大興奮。

 

PB220775 small

PB220781 small

PB220790 small

PB220794 small

上の4つは、別のホテル前の長い桟橋の先で撮った。片口イワシかな。

 

PB220858 small

泳げない彼女も、シュノーケルを着ければ身体は浮く。足が着く程度のところだけだが、それでもシュノーケリングを楽しんでいた。

 

PB220851 small

遠くで一人で熱中している。

 

PB220856 small

PB220876 small

PB220873 small

PB220880 small

PB230956 small

PB230938 small

上の写真は、全部彼女がホテル前の海で写した自慢の写真。

少し沖に、もっと水が綺麗で魚もいっぱいいるところがあった。そこに手を引いて連れて行く途中、彼女は水中マスクに水が入ってパニックになった。みるとシュノーケルも水中マスクも外して、足の着かないところを立とうとしている。これは危険だ。

彼女の股の間に手を入れて身体を支え、「大丈夫だから落ち着け!」と言っても、「水が入った。怖い怖い。」と言いながら、子供のようにエンエンと鳴き出した。

「もうやだ。帰る。浜に上がる。」と言うので、彼女の身体を抱えながら浜に向かって歩き、足の着く場所まで行くと、急に元気になって、

「やっぱり、ここでもっと見る」と言って、自分からシュノーケリングを再開した。山で育ち、海には殆ど来たことがなかったので、海で泳ぐ魚を見るのは初めてだったらしい。

 

SL008051 small

これはスピードボードが出る桟橋に湧いた小さな稚魚。体長は1.5センチくらい。

波の静かな浅瀬で魚が見られるので、小さな子供たちを連れてくるにはいいところだ。 

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

桃源郷

海には溺れなかったが、女には溺れておられますね。

なんか仕事している時間はほとんどなくて、遊びに行っているばかりみたいなんですが、大丈夫ですか。
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
2位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
2位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる