マーク島旅行記3:ビーチ

ビーチリゾートに行ったわけなので、ホテル前のビーチの写真が一番多い。

このビーチ一面の中に、ホテルが7個以上あるのだが、ビーチで他人と接近することは殆どなかった。客の大部分はファランで、日本人・中国人は皆無。

ファランは何もしないためにビーチリゾートに来ているので、本当に何もしない。木陰て本を読んだり、レストランで友だちと語り合ったり。別にビーチじゃなくても良さそうなもんだが、ビーチじゃないとゆっくりした気分になれないのかなあ。彼らは本当に泳がないし、観光もしない。

そのお陰で、ビーチはいつも僕達二人の独占状態。全部プライベートビーチみたいで得した気分。

 

PB210462 small

泊まったホテルの前のビーチ。ホワイトサンド・ビーチという名前。真っ白じゃなくて黄色っぽい。

 

PB210465 small

波打ち際まで木が生えている。

 

PB210497 small

アップには絶えない水着姿。波は穏やかで静かな浜辺だ。誰もいない。

 

SL008028 small

泳ぎの練習。田舎の学校はプールがないので、泳げない人が多い。

プールがなくても、池や運河などで泳ぎ方は教えるべきだと思うなあ。命にかかわるので。

 

PB220695 small

泳げないので、深いところは怖い彼女。でも首まで水に浸かっている。そのわけは、、、

 

PB220705 small

水着を取っちゃったから。朝の水中フ◯ックは、、、潮が滲みて痛かった。

 

PB210510 small

遠き名も無き島から椰子の実一つ。じゃなくて、この浜辺の椰子からボコボコ落ちて、あちこちで芽を出している。

 

PB210539 small

陽が上がってくると、ますます水が澄んで見える。

 

PB210543 small

ホテルを挟んで反対側のビーチ。

 

PB210560 small

青い空。静かな海。美女(?)

 

PB210570 small

PB230931 small

レンズの水滴で自然にぼかしが入った。程よく夢心地な感じになった。

PB210585 small

ホテルの左右併せて1kmくらいで、たまに人影を見るだけ。

僕はダイイングをやるので、あまりビーチは好きではないのだが、こういう静かなビーチならいい。

 

PB210605 small

SL007923 small

海に飛び出した休憩所。ここでビールを飲む。

 

SL007927 small

そこから見た海。

 

SL007932 small

SL007942 small

黒いけど溶岩じゃなくて、昔のサンゴ礁。

 

SL007999 small

PB230905 small

潮が引けば、ここは立派な砂浜のハンモック。

涼しくて、かなり気持ち良かった。

 

PB230912 small

やっぱり海に傾いたヤシは絵になる。モデルがもうちょっと良ければ最高だっただろうに。

 

PB230929 small

結構気に入っている構図。

 

PB230971 small

ブランコもある。これに乗ると、体重でブランコが水面ギリギリになる。でも、水の上の方が、砂浜の上より楽しい。意外に乗るのが難しくて、2回落ちた。

 

PB230991 small

自然が売り物のこの島では、ビーチを整備することはない。あくまで自然のまま。

但し、毎朝早朝に浜辺のゴミ拾いはしてくれている。これをしないと、浜は打ち上がった漂流物や海藻でいっぱい。

 

PB230994 small

PB231001 small

ホテル前から西側のビーチを見る。静かな波の音と、鳥の鳴き声しか聞こえない。

 

IMG 4342

この場所が好きで、なんまいも 写真を撮った。

ポテトチップスを投げると、見えなかった魚がスーッとやってきてポテトチップスを食べた。沢山浮いている枯れ葉には目もくれないのに何故?

 

 

 

 

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

こんばんは。本当に綺麗な所ですね。
無事なご帰還なによりです。
ファランは本当に休みの過ごし方が
上手いですよね。
私は観光地に行ったら、
「楽しまなきゃ」と思ってしまい
いつも以上に動いて
かえって疲れて帰るはめになってしまいがちですから。
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる