結婚披露宴に行ってみた

僕は結構式(披露宴)が大の苦手で大嫌いである。

自分の結婚式の時も、終わった時に死ぬほどホッとした。

あのわざとらしいスピーチと涙。思わず貰い泣きしてしまうところが、更に嫌いにさせる。

だから、この30年間、結婚式の誘いは可能な限り断ってきた。仕事の関係で招待されそうになると、招待される前に断ってきた(招待されてからでは気まずいので)。

どうしてそんなに嫌いなのかと言うと、過去に大失敗のトラウマがあるからだ。

25年以上前のこと、東大出のかわいい部下の結婚式に招待され、スピーチを頼まれた。僕は場を盛り上げようと、面白おかしく彼らのなりそめやエピソードを暴露した。

「大学をサボってコンビニでお菓子やビールを買い込み、日中は時間無制限の湯島のラブホに行っていた」などなど。

これが大バツだった。新婦の家系はカトリックで、そういうことはタブーだったのだ。弊会の時に、美しい顔の新婦に睨まれた。その目がフラッシュバックのように思い出される。

 

しかし、今回プーから彼女の姪の結婚式に出てくれと誘われ、僕は断ることが出来なかった。タイの披露宴の様子を見てみたかったというのもある。

近所のホテルで開かれた披露宴は、20年前の日本を思わせるものだった。

天井の高い大きな会場。400人分の円卓。そこにプロのカメラマンが6人も。

司会者のカップルに、スポットライト。業務上の上司や、地方の偉い人のごあいさつ。泣かせる生い立ちやなりそめビデオ。西洋風の5−6段もあるプラスチックのウエディングケーキカット。そしたら、ケーキからシャボン玉がいっぱい出てきた。何もかも、大嫌いだった披露宴のまんまだった。

IMG 4197

一応、正装して行った。このネクタイはマシュマロちゃんが買ってくれたもの。

 

IMG 4207

ケーキカットでシャボン玉。子供たちには受けた。

 

IMG 4218

ブーケ投げ。何もかも同じ。ブーケは飛びすぎて、欲しがる娘たちの頭上を超え、後方の8歳位の少女のところに飛んだ。

 

IMG 4230

参加者は、三々五々帰ってゆく。シメの挨拶はない。

料理とシメのないところだけがタイらしかった。円卓40以上。

 

費用は一人1000Bとのこと。僕は1000Bを包んで持っていったので、トントンということか。

こんな披露宴は、もう日本では絶滅したかもしれない。絶滅してほしいものだ。敬虔な仏教徒が、なんで白の西洋風ウエディング・ドレスなんだ(注;午前中はタイ古式の仏前結婚式が行われた)。

 

僕の息子は、もう結婚しているが、結婚式はまだ挙げていない。できちゃった結婚だったから。

僕の娘は、彼氏と同棲しているが、まだ結婚してない。

娘の結婚式で、娘から花束なんか貰ったら、号泣してしまいそうなので、このまま結婚式は挙げないで欲しい。

 

 

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

陰間茶屋

ともぞうの最初の就職先・取引先が上野・本郷界隈で、仕事帰りに上野の裾花で一杯引っかけ、湯島天神下の居酒屋でもう一杯。べろべろばーになり、気がついたら、ラブホでお釜(たぶん・・らしい。)と寝ていた。というエピソードもありました。

もともとは、修学旅行客が少なくなり、多くの旅館がラブホに転身した時代でした。今は亡くなったうさぎ屋の親父は東大仏文科出身で、どら焼き売っているのですから、人は見かけによりません。

広小路の越後へぎそば屋の大将と、先輩に連れられて、大門へ行ったのも、遥か昔です。
・・・うさぎ屋は、上野駅の地下街に支店を出し、へぎそば屋は、無くなっていました。

あの辺の寿司屋まとめて売って、花魁を身請けした大将はお元気でしょうか。

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

No title

同感です、私も結婚式と披露宴は大嫌いです訳はハムケンさんと同じ。従って私は結婚は
していますが式も宴もしていません。女房は残念がっていましたが今は実利的になりその
お金があれば現金を貰ったほうがいいと言っています。息子も同様式も宴もしていませんが生活のスタート資金として上げました。

汗;;

>日中は時間無制限の湯島のラブホに行っていた」などなど。

カトリックじゃなくても、結婚式でこの話は、みんな引くと思います…。。。

お嫁さん、生涯一度の結婚式で、かわいそうに…。。。。

公の場では、下ネタ封印してくださいね。
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる