チャーン島逃避行

8月上旬のこと。

シラチャー逃避行から帰ると、僕のオフィスは特に普段と変わらない様子だった。

しかし、気違いが出国するまでは安心することは出来ない。とにかく、もうしばらくはここに居ないほうがいい。

できれば静かで何もせずに過ごしたいと思った僕は、モンが勧めるチャーン島の安宿を2泊予約した。天気はどうかわからないが、ビーチでぼんやり過ごせれば心も休まるだろうと思った。

しかし、この歳になって一人旅はもう嫌だ。誰でもいいのでタイ女を連れて行って世話してもらうのが良い。

ということで、午後からチャットを始めて、釣れて来た女に問いてみた。

その女は24歳で名前はアップン。僕のオフィスから5kmほどのところに住んでいる。

「今夜ここに泊まって、明日の朝早くチャーン島に行って2泊する。旅費は僕が全部出すから、君は部屋の掃除と夜のお供をお願いしたい。今夜はディーナーをご馳走するが、お金はあげない。」

チャットでまだ男と会ったことがないという暗そうな女だったが、意外とあっさりと上の条件を飲んだ。アップンは仕事を辞めて2週間になり、その日のご飯代もなくなっていた。どうせ何もすることがなかったのと、ほとんど行ったことがないビーチ・リゾートにタダで行けるというメリットもあってOKしたのだった。

その日の夕方、彼女は約束通りここに来て、部屋の掃除を始めた。写真も根暗な感じだったが、会ってみると本当に暗い女で、ほとんど笑わないし、話もしない静かな女だった。

1−3階まで、履いてからボップでワックス掛け。それとトイレ掃除。掃除の間は僕のTシャツに着替え、汗びっしょりになって黙々と掃除に専念してくれた。その間僕は、パソコン内のやばそうなファイルを始末していた。

3時間ほどで掃除は終わり、セントラルで夕食を摂って、それからシャワーを浴びてベッドに入った。

その夜のことは、なせが余り覚えていない。二人とも裸で寝たのだが、アップンの方は朝起きると上にTシャツを着ていたことだけ覚えている。

 

 

翌朝は早起きして、タクシーでアヌサワリーに行き、そこからロットゥーでチャーン島に向かった。トラート県にあり、その向こうはもうカンボジアだ。5時間半かかって、チャーン島に渡るフェリー乗り場に行く別のロットゥーに乗り換えるための停留所に着いた。

ロットゥーの中で、アップンの携帯に入っている写真を一枚ずつ見ながら話を聞いた。彼女はNong Khaiの出身で、一人っ子。父親は蒸発して、母親は糖尿病で足が腐って歩けないので、彼女の仕送りで生活している。高校しか出てない。英語は高校生の時から独学で勉強して話せるようになった。1日10語ずつ毎日覚えた。根暗で可愛げがないが、質素で正直そうな娘だと思った。

何かの表彰式の写真があったので聞いてみると、歌のコンテストで優勝したことがあるとのこと。自分で録音した歌のビデオが数曲分あったので見せてもらったが、ルークトゥンは確かに上手だった。英語の歌も聞いた。発音はなかなか良いし、声も綺麗だが、無表情で歌うその顔を見続けるのは辛いものがあった。

「あんた、女は笑顔が大事なんだよ。少しくらい笑顔を見せたらどうだ。それじゃ男は出来ないよ。」

「ああ、そうかもね。ごれから気を付けます。」そう言ったが、やっぱり笑顔はなかった。

 

IMG 0669

ここが、ロットゥー乗り継ぎ場。

「桟橋までの車はいつ来るんだ?」と、底抜けに明るい切符売りのおばちゃんに聞くと、

「さあ、分からないけど後20分位じゃない?」ああ、やっぱり分からないんだ。日本人には理解し難い。

20分と言ったが、一時間だった。

IMG 0670

フェリーは僕達を待っていたようで、僕達が乗り込むとすぐに出港した。

 

IMG 0678

 やっぱり辛そうな顔をしている。

 

IMG 0680

チャーン島の桟橋まであと少し。

空が曇っているので海も暗い色をしている。透明度は3m程度だ。

 

SL145310

ここが泊まったホテル。チャーン・クリフ・リゾートの入口。

 

SL145270

ここが、フロント。

各部屋は別個のコテッジとなっていて、敷地内に分散している。

一泊朝食付き税・ザービス料込みで1200B。

 

SL145267

このホテルは地図ではメインのビーチであるホワイト・サンド・ビーチの南端にあるのだが、実際はホテルは崖の上にあって、崖を降りるとこんな海だった。

ビーチまで海岸を歩こうかと思ったが、この景色を見て断念。

 

SL145274

ホテルに頼んで、ホワイト・サンド・ビーチまで送ってもらった。

ここがホワイト・サンド・ビーチ前の様子。

 

SL145278

ホワイト・サンド・ビーチは波が高く、あまり海水浴が楽しめる感じではなかった。水も砂が浮いて濁っていた。

根暗女は海に来たのに水着を持っておらず、海にも入らずビーチ・チェアーで寛いでいるだけ。実に退屈な女だ。

僕はひたすらマシュマロちゃんが恋しかった。

 

SL145306

部屋に戻り、シャワーを浴びて、着替えて二人で夜の街に出てみた。

こんな遠い島なのに、結構バーがたくさんある。コンビニで日焼け止めを買った。

 

IMG 0701

しかし、何処も客は少ない。

バーのおねいちゃんと思われる女もほとんど見かけない。

ホテルの近くの地元のタイレストランで夕食を摂った。安くて良心的で美味しい料理屋だった。

気に入ったので次の日もそこで食べた。

 

夜もやっぱりつまらなかった。こんな女とでは少しも楽しくないが、それでも一人よりはマシだ。一通りやることはやってぐっすり寝た。

 

SL145332

朝食はまあまあ。

この日は晴天で気持ちがいい朝だった。

 

SL145340

崖を降りてみた。

 

 

SL145344

海は濁っていて残念。

 

SL145351

僕はモトサイを1日200Bで借りて、島内の別のビーチを探検することにした。

アップンは来ないというので、一人部屋に置いて一人で出かけた。マジうんざりする女だ。

 

SL145352

ホワイト・サンド・ビーチの一つ南の Klong Prao Beach。

ここは波も穏やかで綺麗なビーチだった。このビーチの後ろはココナッツビーチ バンガローズ リゾートというモンが以前彼氏と泊まったことがあるホテルで、ビーチもホテルもなかなかいい感じ。もし、もう一度この島に来ることがあったら、このホテルに泊まろうと思った。


SL145353朝は潮が退いてビーチが広い。

静かで安らぐビーチだ。

 

SL145354

SL145355

ここでひと泳ぎした。

好きな女じゃなくて、あんな退屈な女と来ているのが情けなかったが、所詮これは逃避行だし、誰でもよくて前日にチャーターした女だから仕方がない。贅沢を言っている場合じゃない。

そう思ったら、ひとりでも結構楽しく過ごせた。

 

SL145365

ここはまた別のビーチ。更に遠浅で波がなく綺麗なビーチだった。ここでもひと泳ぎした。

 

SL145372

これまた別のビーチ。ファランの少女がゾウにのって浜を散策していた。

ここでは泳がずにモトサイで別のビーチへ。

山を登り降りしていくとビューポイントが。

そこから見る海は格別だった。透明度も高くサンゴの生育もここから見える。

ここは海中公園になっているところだ。

SL145377

SL145382

実はこの後道を間違えて、鄙びた村に入ってしまった。

「こっちじゃない、あっちへ行け」みたいに言われ、慌てて細い道をUターンしたら、転倒してしまい、かなりの傷を被ってしまった。この傷が治るのには約1ヶ月を要した。

200Bでモトサイを借りて、安いと喜んでいたら、傷つけたオートバイの修理代で2800Bも取られてしまった。

痛い思い出になった。

 

SL145395

ここはまた別のビーチ。チャーン島には沢山のビーチがあって、南に行くほど鄙びている。

鄙びているが、それだけ自然が濃くなる。賑やかなビーチが好きか、自然の静かなビーチが好きか、人により好みは別れるだろうが、僕は後者が好きだ。

 

SL145523

川の水も綺麗だった。が、魚はいない。

このあとホテルに戻って傷をアップンに見てもらい、それから彼女を誘い出して、一緒にKlong Prao Beachに行った。


SL145526

もう夕方で潮も満ちていて、朝の様子と大分違う。しかし、海水浴は早朝か夕方がいい。

この時間ならあまり日焼けすることもなく、また涼しくビーチを楽しめる。

 

IMG 0737

IMG 0875

ブランコに乗って記念撮影。

 

IMG 0743

そろそろ帰ろうか。

 

SL145543

セクシーなファランの熱々カップルも上がってきた。

僕もこんな身体が欲しいと思ったが、そんな希望も虚しく、僕の人生は終わりに近づいてしまった。

 

その夜はアップンと楽しもうと頑張ったが、息子が言うことを聞かない。

誰でもいいと思って連れてきた女だが、せめて息子が喜ぶような女だったらよかったのに。

 

ともかく、こうして僕の一連の逃避行は終わった。

いつか今度は愛する人とここに来たいと思う。

 

 

 

 

 

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

No title

タイ娘、おばさん等みんな表情豊かなもんだと思い込んでました。TFやはりタイ滞在者とタイ文字が効果あるんでしょうね。フアヒンの海岸の時と同じく海中行為をしたもんだと
おもいましたが・・・・

No title

チャットってフレンドリーでのことですよね。
私は未だかって、送信したメールに返信が来たことがないし、
送ったメールを読まれたことさえもないです。
いきなり、チャットをしかける勇気も今までなかったのですが、
ハムケンさんの獲得回数はとても多くて羨ましい限りです。
何かコツがあるんでしょうか?
というよりも、特別に女性を引き付ける属性がおありなんでしょうね。
羨ましいなー。

う~~~~ん

毎回幸せな内容ばかりより、見ていて辛くなる内容もたまには良いかも。
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる