fc2ブログ

ロッブリーの遺跡2

ロッブリーにあるもう一つの大きな遺跡。

ワット・プラ・シー・ラタナー・マハタート。こちらは12世紀に建立された。

ロッブリーの駅を挟んで、ワット・プラーン・サムヨートとちょうど反対の位置にある。

ワット・プラーン・サムヨート見物の時に、そこの番人から

「もっと大きな遺跡があるよ。ここから歩いて5分で行けるよ。」と言われたので行ってみた。

 

SL144605 small

駅前の電柱にはこんな像がいっぱい。

 

SL144518 small

ロッブリーの駅のトイレでうんこをして、記念撮影。

 

SL144525 small

たしかに大きな遺跡だ。閉所時間を過ぎていたが、まだ明るいので入れてもらえた。大きな礼拝堂みたいな建物もある。

 

SL144538 small

規模はかなり大きいが、駅前なのに観光客はいない。猿も何故かいない。

 

SL144537 small

レリーフもしっかり残っている。

 

SL144540 small

SL144544 small

SL144543 small

 

SL144545 small

一緒に行ったのは、やっぱりこの娘でした。

 

SL144550 small

 

SL144593 small

クメールの文様は、艶かしい。

 

SL144577 small

素晴らしいレリーフ。

 

SL144558 small

倒壊防止の補修がしてあった。

 

SL144585 small

クメールとタイ仏教が同居している。

 

SL144601 small

ロッブリーの駅前には蒸気機関車が置いてある。

タイの新橋。

 

SL144604 small

駅の入口。静かそうに見えるが、実はルークトゥンが大音響で流れていて煩いほどだった。

この後、車を飛ばして、アユタヤに行った。

僅か、2ヶ月前のことだが、遠い昔の出来事のようだ。

 

 

 

関連記事

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

コメント

非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった親父。
タイに来て早10年。挑戦と冒険の心を忘れずに、異国でセカンドライフを謳歌している60代のオヤジです。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる