シラチャー逃避行

8月初旬のこと。絶不調の最中。

イギリスから気違いがやってきて、僕のオフィスを襲撃すると予告してきた。

彼は正しく精神異常としか思えず、何をするか全く予想がつかない。完全なる言い掛かりであって、僕は無実なのだが、変なトラブルに巻き込まれて警察沙汰になるのは嫌だ。

僕は恐ろしくてたまらなかった。仕事にも全く手がつかない。

懸命なのは、ここを脱出して気違いと会わないことだろう。

たまたま、お昼を一緒に食べたモンとプーに、

「少しの間、ここに居たくない。何処かに逃げたい。」そう言うと、二人は怯える僕を見て、

「そうよ、何処かへ行っちゃえばいいのよ。じゃ、今から行きましょう!!」

そして3人は、昼食後、オフィスに戻らずにそのままシラチャーに向けて車を飛ばした。

「元気出しなよ。大丈夫だから。」

SL144990

モンの服は、僕が別の女に着せるつもりで買っておいたサバイサバイなリゾートドレス。トイレで着替えて、即効旅行モードに。

それにしても、この二人は、なんでこんなに元気なのか?

SL144996

日本町。変な感じ。

僕だけ気分が乗らない。

 

SL145006

僕を励ますとか言って、自分たちだけで楽しんでいるフシもある。

 

SL145018

それから海岸のレストランに行って食事をすることに。そこにプーの新しい彼氏も加わった。

 

SL145020

雨の振りそうな夕べだ。

 

SL145205

ビールと美味しい料理で気分上々のモン。

SL145234

いろんなポーズ写真を撮るが、僕の顔は暗い。

SL145259

それでも、底抜けにはしゃぐ二人に助けられ、いくらかは気が紛れた。

 

SL145260

シラチャーの夜も暮れてきた。

 

 

この後、バンコクに帰りたくなかったので、モンと一緒にパタヤまで行って泊まることにした。

僕は色んな所に行っているものの、パタヤはあまり好きになれず、パタヤの繁華街に来るのは初めてだった。モンの方は、前の彼氏と何度も来たことがあって、パタヤは得意中の得意という感じだった。どこのホテルがいいとか悪いとかよく知っていて、アゴダであっという間に予約してくれた。

モンと二人で、ウォーキング・ストリートを歩いた。

ゴーゴー・バーに入って、「あの娘がいいんじゃない?胸も大きいし、きっと性格もいいわ。スッキリしておいで。」

とモンに言われたが、全くその気になれずに1時間程度でホテルに戻って寝た。

 

 

翌日、恐る恐るオフィスに戻ると何事も無いようだった。

しかし、チャットで女を調達して泊まりに来てもらい、初対面のその女と一緒に、翌朝早くからチャーン島に向けて2泊3日の逃避行を続けたのであった。

 

 

 

 

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

被害届け

マシュマロちゃんに寄生するイギリス人でしょうか?
まだまだ続く可能性があるならばマシュマロちゃんへの暴力とハムケンさんへの恐喝で被害届けを出しては如何でしょうか、しかし頼もしい2人が一緒で良かったですね。

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる