妖怪映画ピー・マーク・プラカノン

大分前のことになるが、ナンに連れられてプラカノンにあるワット・メーナークプラカノーン (วัดแม่นากพระโขนง) に行ったことがある。

その後、このお寺に言い伝えられる物語を知った(物語の概要は上のリンクを参照してください)。

タイ人はほとんど全員この話を知っていて、尚且つこれはタイで起こった実話であると信じている(実際は中国の話のようだ)。また、この話を題材にした映画が何度も何度も創られ、その度毎にそれなりのヒットとなっている。

今回、セントラルを散歩していたら、699Bの初回限定盤が325Bで売られていたので、衝動買いしてしまった。

 

IMG 1787

パッケージはこんな感じ。本編の他に、もう一枚サービスDVDが入っている。

 

そして、昨日の日曜日の夜、誰も遊びに来てくれないので、一人でこの映画を観てみた。

タイ語オンリーで字幕スーパーもなかったので、細かいところは分からないが、全体のストーリーを知っていたので大筋は理解できた。

感想は、、、、全然怖くなかった。

お寺で育った僕としては、そもそもお化けはあまり怖くない。

母方の実家がお寺で、中学の時に、お坊さんになるよう勧められた。そのお寺には4人の息子がいたが、あまり出来が良くなく、一方孫に当たる僕は(当時は)神童だったので、白羽の矢が当たったのだ。だけど、その時僕は科学者になるのが夢だった。なんで坊主になんかならなきゃいけないんだということで、即刻お断りしたのだが、、、

今思えば、坊さんの道に進んでいれば、今頃は立派なエロ坊主になっていたことだろう。

一応、科学者にはなったっが、飯の種にはなってない。明らかに、人生の道を誤った。

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
2位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
2位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる