世界遺産カオヤイ国立公園

今回のコラートへの旅のメインはカオヤイ国立公園。世界遺産だ。

カオヤイは日本で言ったら、軽井沢のようなところ。バンコクから2時間と近く、山で涼しく、野生動物が古くから守られて来た。動植物の宝庫。毒蛇もいっぱい。

カオヤイにセカンドハウスを持つバンコク人は多く、お金持ちのシンボルみたいになっている。土地も非常に高いし、簡単には建物を建てることはできない。一部を覗いて、立ち入りも制限されている。

国立公園は入園料を取っており、タイ人は80THBだが、外国人は400THBと高い。だから、ゲートを通るときは、ナットは僕に

「あんた、何もしゃべっちゃだめだよ。寝たふりしてなさい。」

作戦は成功し、ドライバーを含めてタイ人3人分の料金で公園内に入れた。

 

写真は説明不要でしょう。 

KS230956

KS230954

KS230952

KS230961

KS230963

KS230957

KS230978

KS230976

KS230979

KS230973

 

KS230970

KS230966

KS230965

KS230967

KS230940

KS230939

KS230919

KS230918

KS230921

この花の名前は、ションコー・ホランド。割と小さい木のうちから花が咲くようなので、記念に一本苗を買って来た。150THB。

 

KS230938

KS230945

KS230946

このくらいの起伏のある山の景色は、タイでは珍しいようだ。標高は1000mくらいとドライバーが言っていたが、もう少し低いと思う。

気温は24℃だった。

KS230981

  

KS230983

 

KS230991

KS230986

KS230994

KS230975

KS230988

柔らかい木肌にお金を埋め込んでいた。

KS230953

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後で領収書をチェックしたらタイ人の入園料は40THBでした。訂正です。
Related Entries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる