クーデターな夜

軍の仲介による話し合いでも解決の目処が立たず、陸海空軍などでつくる評議会が国家の全権を掌握した。

憲法は一時停止され、夜間外出禁止令も出された。

この時、僕は政府機関が集中するチャーン・ワタナ近辺のインパクトという国際展示場でとある展示会を訪れていた。

会場では、このクーデターのことは一切放送されず、インパクト内もその周辺も至って平穏な時間が流れていた。政府機関が近いため、一部の道路が封鎖されたらしく、インパクト会場周辺にタクシーがほとんど入ってこない点を除いては、非常事態を伝えるものは何一つなかった。

徒歩とモトサイで、なんとかタクシーが走る道路に出ることが出来、タクシーで帰途すると、午後6時の時点で、既に僕のオフィスのある町の大通りにも軍隊が展開しており、軍隊の機動力の速さに感心した。

数百メートル毎に、軍の車両が道路を向いて止まっており、その車両の上には機関銃が見えていた。兵士たちも、ほぼ全員銃を携帯していた。

しかし、その光景よりも驚かされたのは、軍車両のすぐ脇に、普段と同じようにバスを待つ人々や露店で夕食を食べる庶民がいたことだ。彼らが軍隊を恐れる様子は全くない。軍隊も市民を威嚇することは全くなく、機関銃も夕日に晒された飾りのように見える。軍の出動で、市民はむしろ安心しているかのようにも見えた。

 

実際問題、タイは内戦になる危険性が増大していた。

政府側と反政府側の戦いは階級闘争であって、もともと話し合いで合意が得られる見通しはなかった。追い込まれた赤シャツ(UDD)の過激化が目につくようになり、国を二分する内戦に発展するのではないかと心配していた。もし、そんなことになったら、この国が負うダメージは計り知れない。

今回のクーデターは、とりあえずその危険性を排除したとも言える。

 

誰が勝者で誰が敗者か? それは僕にはまだ分からない。

タクシン政権が崩壊させられたのだらから、タクシン派が敗者のようにも見える。しかし、軍隊は政府支援グループのデモも反政府グループのデモも同時に解散させようとしているようだし、反政府側の代表であるステープも身柄を拘束されている模様だ。

国家治安維持評議会が全権を掌握したと言っても、軍隊と警察からなる彼らに政治支配の能力があるとは思えない。彼らも、戒厳令を出した時から、目的は治安の回復であり、この状態が長期に及ぶことはないと表明しているし、行政に携わるものは速やかに平常業務に付くようにとさえ要請している。長期の政治支配の気は無いように思われる点で、他国で起こるクーデターとは様相が異なる。

さらに重要なのは、タイ国軍にはアメリカや日本から民主主義を傷つけるようなことはするなと釘を刺されており、やれることと言ったら、暫定政権を作って早期に選挙を行い、文民統制を図る以外に道はないように思える。

現政権を崩壊させ暫定政権を作るという点は、反政府側の主張が通った形となり、反政府側が勝者であるようにも見えるが、果たしてそうだろうか?

政治を改革して、選挙制度を多少いじったとしても、選挙をすればタクシン派が勝利するのは確実なのだ。

こういう大きな歴史の波は、一部の権力者や既得権者がどう頑張ってみても変えられるものではない。

タイの国民の多くは大人しく静観しているが、概ねそのことを理解しているように見える。だから、タクシン派の人たちでさせ、今回のクーデターを歓迎する人が多い。

戒厳令とかクーデターという言葉から受ける印象だけでは、決して真実は理解できないことを痛感させられた。

 

ただ、憲法も無効となり、何をするにも法的根拠を要しない状態になったわけで、明日何が起こってどうなるのか全く予想がつかない。

ちなみに、僕は明日ワークパーミットを貰える予定であったが、明日行政機関が稼働しているのかどうかさえ分からないのだ。

IMG 8066

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Re: タイはクーデターが日常茶飯事に起こる国

> タイの非常事態宣言は、半分お祭りですから、他国とは深刻度が違いますね。兵士や戦車と記念撮影する市民も珍しくありません。
>
> でも、どこまでもいい加減なのがタイ。
>
> 軍隊ですら、命令が徹底しません。小競り合いでも起これば、いくら撃つなと命令が出ていてもついつい撃ってしまうバカが出るのも毎度。数人が死亡します。
>
> 不用意に近づいてはいけません。
>
> 軍隊に対するタイ国民の信頼は厚いと言えます。しかし、軍政は以前に何度も行き詰っており、現代ではそのことをわきまえているようです。また、国軍は国民のためと言うより、国王の軍隊という感じです。国王に対する忠誠心が強く、今回も国王の同意の下、クーデターを実行したと思われます。このことからも暴走する可能性は少ないと言えるでしょう。
>
> しかし、タクシンは王制の廃止、大統領制の導入を最終的な政治目標にしていたとみられ、もともと裁判官、王室、国軍とはウマが合いません。選挙をしても人口の過半数を超える農民層を支持層に持つタクシン派の勝利が確実ですから、本当のところ進むべき方向性が見いだせないのではないでしょうか。国王は高齢で、息子の出来の悪さは有名ですから、今は小康状態を維持できでも、いずれ破綻するものと思われます。
>
> 実際のところ、3代続かずと言いますが、賢明な人間がそんなに続くはずもなく、王制は不健全な制度だと思います。しかし、エリート層はタクシンが大統領になるとマルコスのような独裁者になるのではないかと危惧しているようです。コメの買い上げで国家予算の10%を支出するなどというバカな法案が通ってしまう国ですから、そういうことも大いにありでしょうが、一度徹底的にやってみるしかないんじゃないですか。いっそのこと赤シャツ隊対黄シャツ隊の内戦になることを期待していたんですが、かえって最終的な解決が遠のいた気がします。
>
> >ちなみに、僕は明日ワークパーミットを貰える予定であったが、明日行政機関が稼働しているのかどうかさえ分からないのだ。
>
> これで、WPがもらえなかったら、よくよくついていないですね。
Dさんはタイのことをよくご存知ですね。
でもタイが好きなのか嫌いなのかよく分かりません。どっちなんでしょう?

Re: お気をつけください

> あのーーー
> こんな時になんなんですが・・・
> こう言う時って出会い系サイトは活発になるんでょうか?
> それともスカスカ・・・
普段と変わらないと思いますよ。
夜間にお店が閉まって稼げなくなったプロが増える可能性はありますね。

Re: No title

> いずれこうなるんじゃないかと思っていましたが、夜間外出禁止とのことで深夜便の利用者はどうするんですかね。16日に帰国してセーフということかな。
空港と市街地間の交通に関しては夜間外出禁止令の対象外みたいです。
でも市街地で動けなければどうすることも出来ませんが。
帰国だけは出来そうです。

タイはクーデターが日常茶飯事に起こる国

タイの非常事態宣言は、半分お祭りですから、他国とは深刻度が違いますね。兵士や戦車と記念撮影する市民も珍しくありません。

でも、どこまでもいい加減なのがタイ。

軍隊ですら、命令が徹底しません。小競り合いでも起これば、いくら撃つなと命令が出ていてもついつい撃ってしまうバカが出るのも毎度。数人が死亡します。

不用意に近づいてはいけません。

軍隊に対するタイ国民の信頼は厚いと言えます。しかし、軍政は以前に何度も行き詰っており、現代ではそのことをわきまえているようです。また、国軍は国民のためと言うより、国王の軍隊という感じです。国王に対する忠誠心が強く、今回も国王の同意の下、クーデターを実行したと思われます。このことからも暴走する可能性は少ないと言えるでしょう。

しかし、タクシンは王制の廃止、大統領制の導入を最終的な政治目標にしていたとみられ、もともと裁判官、王室、国軍とはウマが合いません。選挙をしても人口の過半数を超える農民層を支持層に持つタクシン派の勝利が確実ですから、本当のところ進むべき方向性が見いだせないのではないでしょうか。国王は高齢で、息子の出来の悪さは有名ですから、今は小康状態を維持できでも、いずれ破綻するものと思われます。

実際のところ、3代続かずと言いますが、賢明な人間がそんなに続くはずもなく、王制は不健全な制度だと思います。しかし、エリート層はタクシンが大統領になるとマルコスのような独裁者になるのではないかと危惧しているようです。コメの買い上げで国家予算の10%を支出するなどというバカな法案が通ってしまう国ですから、そういうことも大いにありでしょうが、一度徹底的にやってみるしかないんじゃないですか。いっそのこと赤シャツ隊対黄シャツ隊の内戦になることを期待していたんですが、かえって最終的な解決が遠のいた気がします。

>ちなみに、僕は明日ワークパーミットを貰える予定であったが、明日行政機関が稼働しているのかどうかさえ分からないのだ。

これで、WPがもらえなかったら、よくよくついていないですね。

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる