古代画と古代文字

レンタカーにタダで付いてくる運転手兼ガイドが言うには、この近くに2000年前の絵があるというので、古代遺跡巡りマニアとしてはもちろん行くようにお願いした。

真っ平らなコラート大地だったが、カオヤイに近づくと、少しずつ山というか丘が見えてくる。ここは、ナコンラチャシマからカオヤイに向かって30分程走ったところにある。

ちなみに、カオヤイとはタイ語で山が多いと言う意味だ。

 

KS230865

ここがその古代遺跡の入り口

 

KS230867

大きな虎の焼き物があった。7mくらいか。

KS230869

山道という程ではないが少し登りの道を歩くと、こんな巨岩があった。なんとなく、ウドンタニーやウボンラチャタニーで見た風景に似て来た。古代人はこういう岩のくぼみで生活していたのだろうか?

KS230875

 

KS230890

そこら中に岩が目立って来た。古代絵の雰囲気が漂う。

KS230876

KS230880

ありました。これが2,000年前の絵。やっぱりウボンラチャタニやウドンタニとほとんど同じだ。赤い酸化第二鉄っぽい絵の具で砂岩に描いているのも同じ。

人々の生活の様子が描かれているようだ。狩猟採集時代でまだ農業らしい絵は見当たらない。

KS230879

だいぶ消えかかっているが、この絵が一番大きく、70センチくらいあった。

KS230882

絵が描かれた岩の全景と僕。

KS230884

こういう神聖な場所には必ずあります仏様。

KS230889

KS230891

木の根っこが岩を取り巻いている。かなり大きな木だ。

KS230893

下から見たところ。

 

この巨石群を過ぎて更に少し上ると、平らな頂上に出る。上部が平らなところもウボンラチャタニやウドンタニと同じだ。その三カ所はそれぞれ、400kmくらいは離れていると思うが、大昔は同じような台地だったのが、川で削られて平原になったのだろうか。

KS230898

その平らな岩に仏様の足型を象ったと思われる池があった。

KS230899

バラモン教か仏教だろうから、先ほどの岩絵よりもずっと新しいはずだ。加工の仕方も洗練されている。ちょっと艶かしい仏が気になる。

KS230905

これが古代の文字。クメールの文字だろうか?運転手もナットも全く読めないという。ウボンラチャタニのアップンのおじいさんは少し読めると言っていたが、その字と同じかどうか分からない。

KS230904

KS230903

まるっこくて、鋭いペンで描きやすそうな文字。現代のタイ文字よりもこっちの方が見た目が可愛くて好きだ。

KS230906

 

 

 

 

Related Entries

tag : 遺跡 イサーン

Comments

No title

ミャンマー語の文字のような感じがします。
ミャンマーが侵攻してきたとき、書いた文字かも知れません。
(それほど古くないと思います。)
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる