クレット島(コ・クレット)再び

カオヤイに行く数日前のメーデーの日。

会社は休みにし、トムとニンとでクレット島(コ・クレット)にドライブしてきた。

IMG 0003

トムはトライバーとしてはなかなか優秀だが、観光地はほとんど何処も行ったことがないので、行き方をグーグル・マップのナビで教えてあげないといけない。僕のナビで進む道は渋滞ばかりで、少々うんざりリモード。

クレット島(コ・クレット)はノンタブリにあるチャオプラヤー川に囲まれた人工の島だ。

島全体が湿地帯。

Ko Kret Google マップ

一年前にプーに連れて行ってもらって以来の訪問。

島には、車は入れず、渡し船で渡る。

島に渡るとすぐに観光船が出港するというので、それに飛び乗った。以前と同じ観光船なので、訪ねたところも以前と全く同じ。

 

IMG 0004

渡船のある桟橋がある寺院。

 

IMG 0008

この傾いた塔がクレット島(コ・クレット)のシンボル。

 

IMG 0009

日差しが熱い。

 

IMG 0020

こんな渡船や観光船がいっぱい。

 

IMG 0025

コ・クレットに上がると、ミャンマー文字が。

トムに読めるかどうか聞いたら、

「私は読めないけど、お父さんは少し読める。」と言った。

 

IMG 0031

これも有名な金色の大きな仏像。

 

IMG 0029

人々は島の中程には住んでいなくて、川のほとりに高床式を家を建てて住んでいる。

 

IMG 0035

交通機関は船。

 

IMG 0038

乾季なので、水位が低い。雨期で増水すると床の辺りまで水が来る。

 

IMG 0042

コ・クレットは三日月湖を繋いでできたものなので、土地の高さはほとんど水面と同じくらい、もしくは草が生えているが水面下。


IMG 0043

島の中まで高い桟橋が続いている。それ以外は、とても歩ける場所ではない。

 

IMG 0049

舟に乗ると、風に吹かれて気持ちがいい。

IMG 0045

トムちゃん

 

IMG 0050

黄金色の花。

 

IMG 0051

一般庶民の家。

 

IMG 0057

前回と同じく、お菓子工場へ。買い物目当ての寄り道。

 

IMG 0059

卵と砂糖と小麦粉を沸騰した水に垂らすと、黄色くてほど長いお菓子ができる。

 

IMG 0061

この日は、あまりハチはいなかった。

 

IMG 0066

同じものを豆にくるんだもの。フルーツに絡めたものなど、色いろある。

 

IMG 0067

トムは、お菓子作りを手伝わせてもらった。というか、持ち上げてポーズを取っただけ。

 

IMG 0074

「はい、こちらがコ・クレットです。」とトム。しかし、「全然綺麗じゃないね。なんにもないね。アユタヤにしておけばよかった。」

実はアユタヤとコ・クレットとどちらにしようか議論があった。

トムはアユタヤに行ったことがない。アユタヤが何かも知らない。

 

IMG 0077

IMG 0084

小さな村に上陸。

IMG 0085

一年前は基礎だけだったところに、新しく家が建っていた。

IMG 0087

庶民の生活。

 

IMG 0088

雷魚を調理中。

 

IMG 0091

島の内部の様子。

 

IMG 0098

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる