帰国

5日早朝に帰国した。

今回は、12日の深夜便でタイに帰る。

12日のタイ入国は、ノンイミグラントBビザで入る予定だ。そののち、ノンタブリで事前審査報告書を用いてワークパーミットを申請。月末にはワークパーミットが取れる筈だ。在日タイ国大使館にいじめられるとノンイミグラントBが貰えずに、全てがやり直しになる危険性があるが、書類はモンと僕とで何重にもチェックし、さらに「ひょっとして追加要求されるかもしれない書類」はすべて日本に持ってきたので、多分大丈夫だろうと思う。

今回の帰国で、今までと少し違うところと言えば、

1)妻が実家から戻ってきている。

2)愛犬つばきが戻ってきている。

の2つがある。

妻と愛犬は、これから僕の家でずっと過ごすことになる。愛犬の方は、「ずっと」と言っても、命が尽きる数ヶ月のことだろうが。

IMG 7700

IMG 7708

愛犬つばきは、一人で玄関で寝ていた。妻は仕事に出勤していた。

僕を見ると、大喜びするかと思いきや、ちょっとしっぽを振って腹を見せただけだった。

相当身体が思い感じで、老いの衰弱が激しかった。

「お父さん、帰ってきたよ。つばきちゃんも家に帰ってきたねえ。」と言っても、特に反応なし。

きっと僕を見て、嬉しすぎておしっこを漏らすと思ったが、それもなかった。

立上がることもなく、挨拶が終わると、すぐに横になってしまった。リードを付けて散歩に行くように誘ったが、腰が立たず、行きたくないようだった。

IMG 7715

IMG 7716

玄関先のオステオスペルマムはたくさん花が咲いていて、時間が進んだことを告げていた。

 

IMG 7711

日本には滅多にないバーバスカムも、去年と同じ場所で咲いていた。

当たり前だが、変わるものと変わらないものがある。

1年前の僕は、希望と不安の中、タイに飛び出して、チュラロンコーン大学で楽しくタイ語を学び、冒険のような毎日を過ごしていた。あれから1年が経ち、ようやくワークパーミットを取得、いよいよ僕の第二のビジネスが始まろうとしている。

 

IMG 7710

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Re: No title

> 今、関空のさくらラウンジでblogを読んでいます。動物であっても永別が近づいているのを感じるのは寂しいものです。うちの上さんは豊橋の父親を近くの有料老人ホームに呼び寄せることにしました。これも似た状況と言えます。人間もこんな風に老いて行くんですな。
元気なうちに人生は楽しんでおくべきですね。
バンコクでしっかり楽しんでくださいね。

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる