プリンター買い替え;Brother MFC-J430W

仕事用に買ったHPプリンターが、強固なインクカートリッジ・プロテクトのために使えない。

プリンター内部の電池を外して、プロテクト破りを図ったが、何故かリフィルされたことを察知されてしまい、また使えなくなった。

おまけに電池を外したせいで、インク交換のためにプリンターを開けてもセンサーが働かずに、インクカートリッジが正面に出てこなくなった。

こんなプリンターはもう使用不能である(故意に壊したことになるが)。しかも、HPという会社が嫌いになった。

 

そこで、先日、ノンタブリのパンチップブラザに行って、外付けインクタンクの改造物を購入してきた。

キャノン、エプソンと改造物はたくさんあったが、それぞれがプロテクトを破っているため、ちょっとした不都合があったり、外付けタンクの設置方法が美しくなかったりする。この点、やや無名のブラザーのプリンターは、一番素直に外付けインクタンクが付けられ、しかもプロテクト関連の問題がないということで、下記のモデルを購入した。MFC-J430Wだ。

コピー、プリンター、ファックス、スキャンの機能があリ、しかもWifi接続可能ということで、当初買ったHPプリンターと同程度の機能だ。

 

IMG 7393

写真のように、正規のインクタンクの設置場所に、長めのインクタングが飛び出して付く形となっている。所定の位置に、長くしたタンクをつけるだけなので、構造がシンプルで問題が少ないらしい。

このインクタンクには70ml程度のインクが入るので、カートリッジにして30−40個分はあることになる。

IMG 7394

使うときは、空気穴を開けるために、上側のゴム栓を外す。インクを補充するときは、下側の大きいゴム栓を外してインクを入れる。

補充インクは、100mlで110B程度。

この特別の外付けインクタンク700Bとそれに充填したインク4種を合計すると、約1200Bとなる。HPの正規のカートリッジを一式買ったのと大して変わらない額だ。

改造費を含めて、このプリンターと外付けインクタンク+インクで、合計4600Bで購入した。

 

多分、これでインク代のことを考えずに、どんどん印刷が出来るはずだ。しかも、配線せずにWifiでどこからでも印刷できるのでいい。

会社関連の書類作成で、思いの外に印刷物やコピーが多くなったので、どうしても必要だった。

コスト的には、外の印刷屋で印刷したほうが安かったかもしれないが、手軽にその場で印刷、コピー出来るという点で、一台くらいは必要な設備だろう。ただし、綺麗なパンフレット等を大量に作成する時は、外注の方が楽だし安価。

外されたHPのプリンターは、インクがなくてもスキャンの機能は使えるので、オフィスの飾りとして、棄てずに置いてある。

 

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる