世界一

先日の誕生日のプレセントに友人が持って来てくれたリンゴ。

その名も「世界一」。

誕生日の日には食べられなかったが、今日モンに剥いてもらって食べた。

モンに値段を見せたらびっくり仰天して、剥く前に並べて写真を撮った。一個350Bなんて、タイではあり得ない。値段はきっと世界一高い。大きさもタイで出回っている小さな中国産のリンゴとは別物のようだ。他にも2つ、合計3つのリンゴで600B超えている。

モンは「どうして日本人はこんなに高いりんごを食べるの?」と不思議がっていた。

「こいつは普段食べるリンゴじゃない。特別なリンゴだ。特別な時にだけ食べるやつだ。友だちは僕が世界一になれるように願ってこいつを買ってきれくれたんだ。」

 

IMG 7158

仕事で世界一にはなれないが、世界一幸せな人生を送ったと思えるように頑張るつもりだ。

そして、自分だけじゃなくて、自分の周りの人間に幸せになってもらえれば最高だし、そうならなければこのセカンドライフの意味が無い。

Related Entries

Comments

Re: ナイス!

> 頑張って下さいまし。 いつかお会いしたいと存じます。
いつかお会いしましょう。

ナイス!

こんばんは、私と同年代の兄貴の奮闘と物事の考え方にモロ影響受けております。
 
俺も数年後に、タイでショートステイしながら幸せに成りたいもんです。

頑張って下さいまし。 いつかお会いしたいと存じます。

その意気や良し

ううん、立派。

その心がけだから、人が集まるのでしょうね。

頑張ってください!

ハムケンさん、おはようございます!
自分だけでなく
周りもハッピーにする。
うーーん
素晴らしいです!!!
それでこそタイに来た意味がありますよね!
頑張ってください!!!

世界一

素敵な贈り物ですね。
しかし350Bとは高価、ムツが159Bとは理解して買えるタイ人が居るんですね。
セカンドライフの意義、同感です。お互い頑張りましょう。
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる