タイに戻りました

今日早朝、日本からタイに帰ってきた。

今回は、10泊11日と長い帰国だった。

メインの目的は、業界への名刺デビュー。これはなかなか手応えがあった。タイ人を3人引き継れて、僕の会社の名刺を渡させたので、駆け出しながらちゃんとした会社のように見えた。女達は、自分たちの興味でいろいろ質問したりして、それなりに活躍してくれた。僕は名刺を200枚用意していったが、3日間で100枚も使うことが出来なかった。一社あたりの面談時間が思ったより長かったので、配布名刺数は全く不十分だったが、10社程度とじっくり話すことが出来たのは良かった。

同行した三人の女の仲を円滑にするというもう一つの目的は、まあ70点くらいか。

始めは「トムなんかに仕事は無理」と言っていたナンは、意外にもトムが気に入ったようだ。トムにスーツを作らせて、それを着せたのが良かった。スーツを着るとトムでも清楚で賢い女に見える。行動についても、事前にトムによく言い聞かせておいた甲斐があった。トムはナンのハンドバックや荷物を持ち、レストランでは水やお茶を世話し、街ではナンの写真を何枚も撮って上げた。ナンはお返しにトムを写して上げなかったので、可愛そうだったが、めげずに何でもカー、カーといって世話をしていたのでちょっと感心した。

 

SL142146small600

増上寺にて

 

旅行前までは、プーはトムのことを「男を騙す嘘つき女」と言い、トムはプーのことを「あのイヤミババア嫌い、一緒の部屋で寝るのなんてイヤ」と言っていたが、お互いどんな人間なのか分かったのではないだろうか。最後の日はレズビアンということにして、ラブホテルに二人で泊まってくれた。

そのラブホ、貧素なシティーホテル2部屋より、ずっと安く且つずっと豪華だ。何しろラブホなので、ベッドとお風呂は最高級シティーホテル並だ。

IMG 6627

IMG 6642

IMG 6631

IMG 6634

IMG 6637

プーは無料のマッサージ機が気に入った。

40平米ある。夜7時から翌日12時まででレスビアン一組12600円

 

しかし、11日間は長かった。まさに疲労困憊。一人で行っていれば、きっとこんなに疲れなかっただろう。

久しぶりに電車移動であちこち行ったが、電車はなにかと歩く距離が長くなり、待ち時間も長くて、不便であることを実感した。タクシーがバンコク並みに安ければ、どんなに楽ちんだっただろうとつくづく思う。

気が付くと、東京では、せかせか歩く自分がいた。

タイにいたほうがリラックスできるようになった。

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Re: 階級社会!?

> ブログの更新の無い時間が長かったので とても寂しかったです。
かなり疲れてしまい、未だに頭がスッキリしません。

Re: 豪華


> ところで、ご家族には引き合わせなかったんですか。
やめときました。

Re: お疲れさまです

> 先日は短い時間ではありましたが、とても楽しかったです。ありがとうございました^^
> やはり「気苦労」が絶えなかったのですね。お察しします…。
> 事業が早く軌道に乗ると良いですね。
そろそろお尻に火がついてきました。

豪華

4Pできそうですね。

ところで、ご家族には引き合わせなかったんですか。

階級社会!?

ハムケンさん、お久しぶりです!
ブログの更新の無い時間が長かったので
とても寂しかったです。
それにしても
さすがタイ!
女の世界も階級社会なのですね!?
やっぱりプーおばさんが
一番偉い格好になるのかな?
プーおばさんが一番学歴が良い!?
では、
土産話を楽しみにしています!!!

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

Re: No title

> ラブホに2人ならナンさんはどうしたのかとげすの勘ぐりがむくむくと
彼女はシンガポールに用があって先に帰国しました。

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる