屋上ガーデンの小鳥:雛かえる

「あんた、産まれたわよ。」

とプーからのLINE連絡。

送ってきたのが、この写真。

S 1990675

ピンぼけでよく見えないが、雛らしいものが見える。多分2羽。抱卵していた屋上ガーデンの小鳥が産まれたんだ。

「覗き込むな」と言ってあったのに、見事に上から覗きこんだ写真だ。

 

「お母さんとお父さんで、助け合って交代でエサを運んで来てるわよ。本当の愛だわ。」とプー。

 

こういう習性を愛というのかどうかは、愛の定義をはっきりさせないと分からないが、それが難しい。

ウィキペディアで愛の定義を見てみると、キリスト教と仏教での考え方が書いてあって面白かった。

人の場合も動物の場合も、根源的で本能的なことを言葉で理解するのは難しい。

帰国する前、プーは「英語でエロスって何?」って聞くので、「アーロム・ペート・サンパン(やりたい気持ち)と答えたが、「本当にそうなの?」としつこく聞かれた。

キリスト教のエロスも仏教(ヒンズー教)のカーマも性愛の意味で、愛の3大(4大)構成要素みたいだ。

小鳥が交代でエサを運んでいるのは他人をいたわる愛の心からなのか、その行動自体を愛というのか、あるいは愛とは別のものなのか、僕には分からない。

50過ぎのエロ親父が若いタイ女を抱くのは、間違いなく正真正銘の愛だが。

 

 

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

愛=セックス

ハムケンさん、こんにちは!
全ての生物の唯一の目標が
子孫を残す事なので
愛=やりたい気持ち
で良いと思います。
やらなければ
絶対に子供は生まれませんからね。
もしセックスが気持ち良くなかったら
あっという間に人類は絶滅です。
ハムケンさん、
これからもエロに励んでください!

Re: No title

>バンコク大学の院生と夜会うことになっています。現地ではLINEで連絡します。
バンコク大学美味そう。おこぼれ欲しいです。

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる