ワークパーミットあれこれ3

タイ大使館に三度も通って、今日ようやくWP3(トートー3)を書いてもらうための権限移譲書の認証の申請を受理してもらった。

いろいろ思い出すもの疲れる。

一回目は午前の受付時間終了15分後だったのでアウト。

午後に行ってみると、何やら訳が分からない様子。

「これは本当に労働局じゃなくて、領事で認証する書類ですか?」と聞くので、そうだと答えると、

「絶対間違いないですか?」と怖い視線で僕を見る。その後、タイ語で何人かの人と相談して、

「午後はそういう申請は受けてないので、明日午前にまた来てください。」で、終わり。

今朝、二日酔いなのに頑張って大使館に行ったら

「書類のコピーがありませんね。コピーをコンビニなので一部取ってきて、それから再申請してください。」

「コピーくらいそこで取ってよ、あんたの後ろにあるでしょう、コピー機が。」と心の中だけで言って、口からは「はい、分かりました。」

これくらい、なんのその。多少鍛えられた僕は500メートル離れたコンビニでコピーを取り直して、笑顔で再申請。

今度は10秒で申請終了。

大使館の受付担当者は、書類の目的や中身には関心はなく、規定通り書類が揃っているかチェックしただけだった。認証手数料の2000円も徴収した。よって、明日認証がもらえるだろうと思われる。

僕のパスポートも確認せずに、一体何が認証されるのかよく分からない。多分、日本語の分かるタイ大使館職員が、「これは日本で確かに認証されていますよ」というメッセージをタイ本国の役人に伝えるためにあるのだろう。

明日はタイへ戻る日なのに、その書類受け取りだけのために、また目黒のタイ大使館まで行かないといけないのが面倒だ。

しかし、認証を得てくるという一つの目標はなんとかクリアー出来そうだ。

牛歩だが、それでも一歩一歩進んでいくのだ。

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる