足の世話

モンが作ってくれたホイ・ラーイの貝料理を食べていたら、まだ開いていない貝があって、それを無理やり指でこじ開けようとしたら、貝が割れて指を切ってしまった。

IMG 5688

(僕の親指の形は先天異常なので恥ずかしい。僕の死体が上がったら、これが目印だ。)

 

キーボードを叩くのも辛かったので、気晴らしに近くの美容院に行ってみた。使わなくなったコラーゲンをオーナーさんに差し上げるためだ。

彼女は、「私も信じられなかったけど、飲んでた人は本当に肌が赤ちゃんみたいにつやつや、プルンプルンになったのよ。私も試してみたいから、日本製の良いコラーゲンがあったら持って来て。私買うから。」と言っていたのだった。

その美容院は、大晦日の時に呼ばれて飲んだ美容院だ。

中にに入ると、なぜかプーが居た。

「あんた、その指どうしたの?」

「貝を開こうとしたら割れて指を切った。普通、貝は口で直ぐ開くんだけどね。。」

貝はタイ語でホイといい、隠語で女のお◯んこのことを言う。それで、美容院内は爆笑の渦に。

「あんた社長さんなんだから、そういう下品なことを女たちの前でいっちゃダメでしょ!」

とプーに叱られたが、僕が助平親父であることを住民に言いふらしているのは、当のプーだ。

 

帰ろうとする僕にオーナーさん曰く、

「足の爪が伸びてるって言ってたわね。ここで切って行きなさい。」

その通り、爪は伸びるは、足の裏はひび割れてボロボロ。ヒビの間にゴミが溜まって黒くなり、発酵してとても臭い。いままで、今度トムに世話をさせようと取っておいたのだ。

でも、あまりに見苦しくなったので、この際お願いすることにした。

 

IMG 5691

こんな風に、足の裏の余分な皮膚を削りとってくれる。昔のギックがよくやってくれた。

垢が面白いように取れた。「臭いでしょ?」と聞いても、「大丈夫、臭くないわよ」とタイ女。

 

IMG 5694

 

見よ!この美しい足。我ながら美しい。

ということは、以前が如何に汚かったか。

コーヒー付きで、タダ。お店にはお金払ってないけど、担当者には100Bのチップをあげました。

タイでは、足の爪でも、耳糞でも、溜まった下半身でも、なんでも綺麗さっぱりさせてくれるサービスがある国だ。

 

 

もう別れて1年になる人工乳のギックは、寝る前に30分間、枕元の仏様にお祈りし、その後でベッドを下りて、僕の足を両手て挟んで自分の額に置き、何か梵語をつぶやいてワイしてからベットに入った。僕としては、待ちくたびれるほどの長い時間で、息子も先に寝てしまうことが多かったのでありがた迷惑だったが、今となっては懐かしい。

プーにその話をしたら、

「男の足は、男の心と一緒、男を本当に愛する女は、男の足も愛するのよ。最近はそこまでする女は珍しいけど、本当にいい女は今でもするよ。私は新婚時代、毎晩そうしてた。」そうだ。

にわかに信じられん。

 

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる