バンコク封鎖;28日シーロム周辺

3ヶ月の一度のHIV検査のために、ラチャダムリーのHIVリサーチセンターに行ってきた(その話は別途アップ予定)。その後、ナンとワークパーミットの件を協議するためにファラム9の彼女のオフィスに行く途中、デモ中のシーロム、サラデーンを通った。

危険な香りは全くなく、の~んびりした様子だった。

 

IMG 5256

皆さんご存知のシーロム駅前。車は通れず、歩行者天国になっているが、歩行者はあまりいない。

 

IMG 5258

タニヤを愛する人たちには見慣れた街角。でも車がない。

 

IMG 5255

シーロムとルンピニの交差点の真ん中に大きなテントが貼られているが、居座っている人は少ない。

 

IMG 5253

ルンピニ前に演説はしていたが、聞いている人は50人程度。

 

IMG 5251

にわか薬局もあった。

 

IMG 5250

食べ物屋はもちろんたくさんある。

IMG 5247

焼きバナナは僕の好物。 

 

IMG 5249

毛布やパンツは必需品なので、たくさん売っていた。

一ヶ月も居座るとパンツはどうするんだろうと老婆心ながら心配。

 

IMG 5245

定番のデモグッズ。

彼らは愛国を主張しているようだが、彼らが本当にこの国のためになることをしているのかどうかは疑問だ。

この国の汚職は問題だが、まずは民主主義を通して欲しいと思う。

 

IMG 5244

IMG 5243

これなんかは、ただのおみやげ屋にしか見えない。

 

IMG 5241

ラチャダムリーからシーロムへの道はこんな感じ。

人通りも少なく、お店は暇で仕方がない様子。

非常事態宣言の前後で何も変わらないのが奇妙なタイ。

 

 

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる