エアコンとテレビ

ようやく僕のオフィスにエアコンが付いた。

エアコンは悩みの種だった。故障がなくて、静かで、エネルギー効率が高い、日本製のインバーター・エアコンが欲しいと思っていたが、価格の問題と、ショップでオフィス用の大出力の物の取り扱いがなかったため、結局断念した。設置したのは、キャリアー社のオフィス用のものになった。

ちなみに、一番高いのは三菱電機で、次にダイキン。続いて韓国製のサムスンやLGとなる。そしてもっと安いのは、順にキャリアーやセントラルエアー、サイジョウデンキなどのタイ製。

下の写真のように室内機もかなりでかい。部屋の幅が5メートル位あるので、幅1.5m位ありそう。

ちなみに、出力は、タイでは日本には馴染みのないBTU:British thermal unitという単位で表される。

このオフィスは40 m2 あるので、一般的には36,000BTUが必要らしい。オフィスの場合、天井が高く、熱源が多いのと、出入口がガラス扉の割合が広く断熱性に欠けるので、36,000BTU以上が望ましいとのこと。僕のオフィスも、天井がやたらと高いし、南側は全面ガラス戸。そこで、37,000BTUのものを選んだ。36,000BTUより気持ち大きい。

1000 Btu/h は約 293 W。僕が買ったのは、37,000BTUだから、11KW !?  電気代が怖い。

しかしプーが言うには、めっちゃ冷えるのだそうだ。帰国している間に設置されたので、僕はまだ見ていない。

769137979287

769141526559

大きいけど、天井に張り付いていて、見た目はスッキリ。

 

テレビは上の写真のように、壁に穴を開けて直結。

業者の工事の時、ドリルで壁に下穴を開けているときに、急にドリルが軽くなったと思ったら、ドリルが向こう側の壁を突き破ってしまった。となりの人が、「おいおい」と言って文句を言ってきた。そりゃそうだ。さぞかし驚いたことだろう。

それにしても恐ろしく薄い壁。しかも、ブロック塀に化粧塗装しているだけ。厚さは7センチくらいしかない。いざと言う時に、思いっきりぶち当たったら、壁を突き破って向こう側に出られることが分かった。

テレビは衛星放送なので、300チャンネルくらいあるとプーは言うが、チャンネル表がないので、何が映るのかさっぱりわからない。

ハードはフルハイビジョン仕様なのだが、ハイビジョン放送はないので、意味は無い。

 

 

そして、なにもないはずの二階にテーブルと長椅子と戸が置いてあったのには、びっくりした。しっかりした木製で値段も高そう。プーのお母さんがくれたのだそうだ。

 

IMG 4336

IMG 4335

立派なチェアー。ここで二人寝れそう。

プーのお母さんは、これらを僕にくれたのか、プーにくれたのか、どっちなんだろう?

よくわかりません。ここは、将来の会議室、オフィス、倉庫なので、この家具要らないんだけど。。。

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Re: Pass word

>最近、女性の顔出し、突っ込みに陰りが出てきたので残念に思っていた矢先です。タイ長期在住の方と違い、とても新鮮な記事で楽しく読ませて頂いており、グレーラインの出來事を躊躇する事なく表現しているので感心します
これからは女ネタも思う存分書けると思います。
テェーメーは僕はいい思いをしたことがありません。素人さんが一番楽しいです。
パスワードはメールにお送りしました。

Re: No title

> 私の定宿のエアコンもcareer。性能的には問題ないと思うけどとにかくうるさい。確かcareerはアメリカ製と思ったがある意味アメリカのおおらかさ?を感じます。このところの涼しさでエアコン切って寝ています。昔、日本熱学という会社が取り扱っていたフェダースという米国のエアコンがありましたが、こっちの方がもう少し静かだった気がします。エアコンは日本製が一番。
もともとアメリカの会社で、今はタイで製造しているとか。日本製のような品質は期待できません。日本製が良かったんですが、、、お金がなかったので。でも、きっと将来後悔しそうな予感が。

Comment is pending approval.

Comment is pending blog author's approval.

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる