Soi Cowboy

バンコクで外国人が遊ぶ夜の街のうちで、ここは一番クレージーな通りの一つ。

クレージーだけど、毛羽臭さや気だるさよりも、何処か田舎臭くてノー天気なゆる~い感じの風が吹くこのソイ・カーボーイがお気に入りだ。場所も交通の要所アソークにあるので、バンコクに来たときは一度は必ず通る。

タイ中産階級の一般人は決して来ることはない地域なので、プーはもちろん見たことがなく、「頼むから連れて行ってくれ」とうるさいので、仕方なく連れてきた。こんな場所は、誰か外国人に連れてきてもらわない限り、いくらおばちゃんとはいえプー一人で来ることは出来ないだろう。この場所がどんな場所かは、ここでは詳しく書かないが、心臓まで響いてくる重低音のリズムの中で、ビールをゆっくり飲んで時間をつぶすのも悪くない。

今回は、日本人御用達のバカラと、最高に下品でトイレ臭いロング・ガンをはしごしてみた。半年前に飲んだコイちゃんが僕を覚えていて隣りに座ったが、ずっとプーとタイ語で何やら話していた。タイ人同士のタイ語はまだほとんど分からないが、身の上話みたいだった。ここは僕のお気に入りの癒しの場です。

IMG 0210

IMG 0211

IMG 0212

好奇心のプーは、まるで外国人のように大はしゃぎ。写真を何枚も撮らされた。

この日は、小一時間ほどビールを飲んで、帰りました。

 

KO222600KO222602

KO222605KO222609

KO222610

Q2310279

 

ファラン(白人)と日本人とは好みが全然違うので、この狭い界隈でも不思議と競合が起こらない。

 

ソイ・カーボーイは再開発候補地にあり、数年前から閉鎖の噂が度々あるけれど、なかなか無くなりません。インラック首相はすぐにでもこんな街は無くしたいでしょうけど、再開発はしてもいいから、そこに再びソイ・カーボーイを再生して欲しいです。

 

 

 

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

tag : プー タイ人 ソイカーボーイ

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる