父の日

父の日の木曜日。

僕はプーのお父さんとの食事会に招待された。

プーの息子さんもニュージーランドから帰国していて一緒だった。TERMINAL21の中華料理屋で父の日を祝った。

別に行っても行かなくても良かったのだが、タイ人の習慣を学ぶつもりで行ってきた。これからプーとは長い付き合いになるので、家族との友好を深めておいたほうがいいとの判断もあった。

ただ、手ぶらで行くわけにもいかなかったので、1,300Bのガラス製ペンをプレゼントした。

タイ製手作りのガラスペンは、一度インクをつけるとA4半ページくらい書き続けられる。線は滑らかで、なかなか書き心地が良かった。

僕が買ったのは、沢山ある商品の中でも2番目に高い高級品。一年間のペン先保証付きで、万一割れたら、無償でペン先を交換してもらえる。一番安いものは約1200円だった。

最近、日本でも結構売れているらしい。納品まで一ヶ月以上かかることもあるようだ。日本製のものは、高級品で一本10000円から25000円するので、それと比べれば安い。ただ、何処製か知らないが、一本1500円くらいのものも日本で売っているので、なかなか比較しにくい。一応、制作元の名刺を貰っておいた。

NewImage

買ったのは写真のものではないが、だいたいこんな感じ。

 

IMG 4158

この日はお父さんは黄色の服を着るのが習慣らしい。

今、黄色の服で街を歩くのは危険じゃないかと思ったが、今日は特別な日なので、問題ないとのこと。

 

IMG 4136

北京ダック。その他食べきれないほどの料理が次から次に出て来た。

 

IMG 4155

こんな風にして父をお祝いする。お祝いごとには、いつも水が出てくる。

この女性は、お父さんの第2妻の長女。とても育ちが良さそうな女性だった。

 

740146019522

貿易業で昔はお金持ちだったお父さん。77歳。日本語、英語、中国語、タイ語を話す。

お会いするのは数カ月ぶりだったが、僕の名前を覚えていてくれた。

 

IMG 4160

家族を大切にするところはタイ人のいいところだ。

 

 

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる