バンコクがヤバイ

バンコクに集結した反タクシン元首相派デモ隊が本格的な反政府活動を開始した。


昨日は、首都バンコクのラムカムヘン大学構内で撃たれて死亡した。大学周辺に住む女友達は部屋から出られないで困っている。すでにホテルに避難した人もいる。今日も別の場所の衝突で、新たに4人が死亡したようだ。

今日は、MBKもパラゴンを含め、都心部のショッピングモールが閉鎖された。

すでに、多くの高校や大学は休学になっている。


先ほど出た時事通信のニュースによると、

「タイの首都バンコクで大規模な反政府運動を展開する反タクシン元首相派デモ隊は1日、首相府など省庁の一斉占拠に向け、行動を開始した。警察などによると、反タクシン派とタクシン支持派の衝突で4人が死亡。連日のデモで大きく揺れるタイ政情の混乱はさらに拡大する様相を見せている。
 「タクシン体制の根絶」を目標に掲げる反タクシン派デモ隊は首相府や国家警察本部、首都圏警察本部などに向かった。首相府近くに築かれたバリケード前には数千人のデモ隊が押し掛けて警官隊と対峙(たいじ)。警官隊は、バリケードを撤去しようとするデモ隊に向けて催涙弾を発射したり放水したりした。
 また、デモ隊は内務省の敷地内に入ったほか、「報道が中立でない」として国営タイ放送(NBT)など各テレビ局を包囲。各局はデモ隊側との交渉の末、デモを主導する野党・民主党のステープ元副首相の声明を1日夜に生放送することに同意した。
 インラック首相は対話による問題解決を呼び掛けているが、デモを主導するステープ元副首相は政府との交渉に応じず、インラック政権を一気に崩壊に追い込む構えだ。
 政府当局者は「インラック首相は国家警察本部で状況を注視している」と述べた。
 一方、警察や救急当局によると、11月30日夜から1日未明にかけ、タクシン派の「反独裁民主統一戦線(UDD)」の集会会場付近でUDDと反タクシン派が衝突、UDDのメンバーら4人が射殺され、50人以上が負傷した。
 こうした事態を受け、UDDは集会を中止し支持者に帰宅するよう求めた。」


いまのところ、政府側は冷静を保っているように見えるが、政府機関が反タクシン派に占拠されると、強制排除も視野に入ってくる。折角、民主的な選挙をやっても、デモやクーデターで政府が転覆されるようでは、タイの民主主義はまだまだ未成熟な段階にあるように見える。

この混乱はしばらく治まりそうにない。タイの株価やタイバーツの下落が予想される。

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる