ロイクラトンの夜

トムにあっさり断られたロイクラトン。

恋人同士で行くなら良いが、一人じゃなあ。でも、一度は見てみたいし。

なんとか一緒に行ってくれる女を探してみようと、10人くらいの女に声をかけてみたものの、全部都合が悪くてノー。愛人5号のティックだけが、

「昨日会った時に言ってくれれば良かったのに。今日は家族と行くことになったから行けないの。ごめんなさいね。来年は一緒に行きましょうね。」と慰めの言葉をくれた。それに対し、トムなんか、

「忙しい。遠い。面白くない。行かない。」とまったく愛想がない。もう可愛がってやらない!

ロイクラトンに一緒に行ってくれる彼女もいないのかと情けなかったが、仕方なく同じコンドミニアムに住む韓国の友人(男です。トホホ)と二人で、先日自作したクラトンを持って近場のルンピニー公園に行ってみた。もし彼女となら、花火も上がってお祭りムードのアジアンティークなんだが、男と二人でそんな混んだところに行くことはない。ルンピニー公園で十分。

 

2 small SL140863

公園の入り口付近で、クラトンを作りながら売っている家族。タイではいつも家族と一緒。

ここは普通サイズ一つ50Bだった。ちょっと高い。

 

2 small SL140861

こんな感じで、僕が作ったものより数段立派で綺麗。

 

2 small SL140892

ルンピニ公園の池に行って、愛人5号に教えてもらった祈り方で、事業の成功を祈りました。午後7時ごろ。

2 small SL140891

2 small SL140903

2 small SL140902

クラトンを流したところ。風もなく、流れのない池なので流れて行かない。流れて見えなくなるまでクラロンが沈まなかったら、そのカップルは長く続くのだとか。でも、この池じゃ流れて行くことはないので、どうなるんだろう。

ロウソクが消えてしまうと、ただのゴミに見える。

 

2 small SL140907

2 small SL140868

思ったより人では少なく、多いところでもこんな感じ。カップルよりも家族連れや女同士のグループが多かったのは意外。まだ時間が速いのと、ルンピニという場所がらからか?

 

2 small SL140909

友人に記念写真を撮ってもらった。

 

2 small SL140912

こんな日に女同士で来る女達は恋人が居ない証拠。ナンパに走ろうかと思ったが、真面目な友人がいるので止めておいた。ティックが言うには、ロイクラトンの夜は、特別に男女がルーズなセックスができる日なのだぞうだ。ティックに、「女を買わないでね」と言われた。

 

クロトンと言っても、色んな種類があった。

面白いので幾つか紹介する。

2 small SL140913

これは船の形の高級品。

2 small SL140915

これは龍の形をした高級品。ロウソクもでかい。

 

2 small SL140918

これは一回り大きく一つ80B。

 

2 small SL140917

マシュマロみたいなお菓子で出来たクラトン。

 

2 small SL140925

また別のお菓子のクラトン。一つ35Bと安め。池にいる魚が食べちゃうかも。


2 small SL140927

周りのギョウザみたいなものはなんだろう。

 

2 small SL140921

公園前の広場では風船を売る人もいた。

 

2 small SL140922

ルミネのおもちゃもお客さんがいない。

 

2 small SL140924

露店は少なく、食べ物の露店はほとんどなく、予想よりもかなり閑散としていた。

 

2 small SL140928

毎年11月の満月の日に行われるロイクラトン。

ルンピニ様とお月様。

最高位のお坊さんがなくなったので、各地の行事も控えめに行われたようだ。

 

2 small SL140930

帰りはタニヤでご飯。8時過ぎなのに、カラオケ嬢がほとんどいない閑散としたタニヤ。みんな彼氏とロイクラトンに行っているのだろう。ここにいるのは、売れ残り?

 

2 small SL140931

そんな中でも、カラオケのアテッサは頑張ってました。

 

2 small SL140934

民族衣装でタニヤを行進。

 

2 small SL140938

アテッサのカラオケ嬢も正装して行進の準備中。

 

2 small SL140943

カメラを向けたらポーズを取ってくれた。

 

2 small SL140944

お客さんもいないのにカラオケ嬢もたいへんだ。この衣装だって高いだろうに。

 

 

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

tag : チュラ大

Comments

Re: もしかしたら

僕のブロクを読んで頂いてありがとうございます。
ロイクラトンの夜はタニヤを通りましたが、ナナ・プラザには行っていません。まあ、似たオヤジは沢山いることでしょう(笑)

もしかしたら

はじめまして。

ブログ、いつも楽しく拝読しております。
ロイクラトンの夜、ナナプラザを歩いていたら、どこかでお見かけした顔だなと思い、あれ、こちらのブログ主さんではと思ったのですか、違いましたでしょうか。

単なるブログ読者で、声を掛けるのははばかられましたが、確認のため(笑)コメントさせていただきます。

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる