fc2ブログ

パタヤにボーナス旅行

住込みワーカー家族へのボーナスとして、明日からパタヤ2泊3日の旅行をプレゼントした。

4家族居たが、一家族は先に田舎に帰ってしまったので、3組だけの招待となった。

去年は、カオヤイの割と高級なホテルに僕らも一緒に泊まって、プールや遊園地を楽しんで貰ったが、今年は僕もマシュマロちゃんもそういう感じじゃ無いので、彼らの為に良いホテルを予約して、ホテル代と食費、交通費等を払って、僕らはお留守番とした。

ホテルは、大きなプールもあるパタヤパークビーチリゾート

総経費は約5万バーツ。

たいそう喜ぶかと想いきや、僕らなしでは何をどうして良いか分からいので、初めは消極的だった。

何しろ、海なんか行ったこと無いし、高級ホテルなんか泊まったことがない。

何処でどうやってご飯を食べて、どう遊んでよいのか経験が無いので分からいのだ。

そんなところでお金を使うより、その分ボーナスとして現金を貰ったほうが良いという感じだ。

けれども、子供達は海やプールに行ってみたい。

マシュマロちゃんが親たちにチェックインの仕方、プール券の貰い方、朝食付きの部屋でただでブッフェの朝食が食べられること、近くに屋台街があって、安くて美味しいものが食べられることなどを事細かく説明した結果、3家族全員が行くことになった。

繰り返すが、僕らは行かない。

僕もマシュマロちゃんもプールや海は駄目だし、遊び方を知らない連中を連れ回すのは疲れるから。

それに、彼らが不在だと、いちごや花に水遣りする人が居なくなってしまうので、代わりに僕らが水遣りをしないといけない。

関連記事

コメント

No title

ハムケンさんの発想は日本の会社の福利厚生なのでは。

いつも空回りしている気がしますw
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった親父。
タイに来て早10年。挑戦と冒険の心を忘れずに、異国でセカンドライフを謳歌している60代のオヤジです。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる