fc2ブログ

野生ゾウの来襲

暫く振りに、野生ゾウが僕らのいちご園に来襲した。

夜中の2時頃、1家4人が寝る住込みワーカーの小屋の横に停めてあった車の横に、デーサバンの方からオスの野生ゾウが1頭やって来た。

彼らの寝床から距離にして5メートル。

物音に気付いたワーカーの旦那が、マシュマロちゃんに知らせて来た。

マシュマロちゃんは、どうすることも出来ないので、野生ゾウを追っ払うレンジャーに電話して助けを求めた。

その後、野生ゾウは僕らの野菜園といちご園の間の細道を通って、ショップの方へ向かった。

途中、ウォーターシステムの塩ビパイプを踏み付けて潰してくれたが、いちご園と野菜園には一歩も入らなかった。

ショップの裏で、彼はいちごに掛けて食べる真っ赤なブアイ(砂糖と塩に梅干しの粉を眩したやつ)の匂いに惹かれ、ショップの中の棚に置いてあったブアイのビニール袋を長い鼻で探り当てて奪った。

それをショップの裏で貪り食って、それからショップの脇から車道に出て、そのまま北の藪に入って行った。

ショップにもいちご園にも一歩も入らなかった。

いちごが美味しいことを知らないようだ。

野生ゾウは、甘い匂いに惹かれてやっては来たが、人間や人の物を壊す意図は無いようで、寧ろ壊さないように気を配っているように思えた。

結局、朝までレンジャーは来ず、朝には足跡も残さず消えてしまった。

味を占めたゾウは、必ずまたやって来る。

関連記事

コメント

非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった親父。
タイに来て早10年。挑戦と冒険の心を忘れずに、異国でセカンドライフを謳歌している60代のオヤジです。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる