fc2ブログ

タイ国立公園来場者数ランキング

2023年国立公園訪問者数ランキング(2023年1月から12月 )が発表された。

第一位はカオヤイ国立公園だった。僕らのフラワーパークが流行る理由の1つがカオヤイにあること。

あな、ありがたや。

以下、ランキング結果

1位 ナコンラチャシマ県カオヤイ国立公園 ‐ 1,823,413 人

2位 クラビ県クラビ県ハードノパラットターラー-ムーコピピ国立公園 ‐ 1,449,246 人の観光客

3位 ラヨーン県カオ・レムヤ ムー・コ・サメット国立公園 ‐ 1,145,834人の観光客

4位 チェンマイ県ドイインタノン国立公園 ‐ 926,724人の観光客

5位 チャンタブリー県カオキッチャクット国立公園 ‐ 744,117人の観光客

6位 カンチャナブリ県エラワン国立公園 ‐ 526,248人の観光客

7位 パンガー県アオ・パンガー国立公園 ‐ 479,284人の観光客

8位 カンペーンペット県クロンラン国立公園 ‐ 481,518人の観光客

9位 チャンタブリ県ナムトック・プリオ国立公園 ‐ 432,085人の観光客

10位 サラブリ県チェットサオノイ滝国立公園 ‐ 431,401人の観光客 

🙏 🙏 🙏

一方、収益ランキングは3位だった。

2023年国立公園収益ランキング(2023年1月から12月 )

1位 クラビ県ハードノパラットターラー-ムーコピピ国立公園 ‐ 総収入は3億7,732万1,864バーツ

2位 パンガー県シミラン諸島国立公園 ‐ 総収入は1億7,539万2,700バーツ 

3位 ナコンラチャシマ県カオヤイ国立公園 ‐ 総収入は1億3631万7392バーツ 

以下省略

外国人比率が高いピピ島とシミラン諸島が稼いでいる。

関連記事

コメント

非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった親父。
タイに来て早10年。挑戦と冒険の心を忘れずに、異国でセカンドライフを謳歌している60代のオヤジです。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる