fc2ブログ

オーナーの新農園

先日、いちご園の土地のオーナーに誘われて、彼の新しい農園を観させてもらった。

その農園は、パクチョン市の彼の家の隣の山を切り開いて2年間掛けて作ったもの。

もともと街道沿いに20ライ以上ある観光農園があるのだが、あんまり流行ってない。そこを改造するのではなく、更に奥の起伏の多い山に作った。

標高は650メートルもあるので凄く涼しい。

いくつかの丈夫なグリーンハウスが作られていて、そこには

イチジク

マルベリー

ラズベリー

ブラックベリー

ブドウ

イチゴ

等がグリーンハウス毎に分けられて植えられていた。

グリーンハウス外の露地には、

数種類のコーヒー

数種類のバナナ

ドリアン

等が植えられていた。

イチジクをいくつか食べてみたが、ニホンの本場物イチジクに負けない美味しさだった。

多分その農園には身内以外のお客さんは来ないので、こんなに多くのフルーツを作ってどうするのか聞いてみたら、僕らのいちご農園とフラワーガーデンに納めるのだそうだ。

だから、自慢の新農園を僕とマシュマロちゃんに見せたかったようだ。

勿論、パクチョン市内にある彼のホテル内のカフェでも売る。

建てたグリーンハウスは立派だし、斜面には岩を大量に重ねて塀を作ってあるし、池も複数作ってあるし、農園内にウオーターシステムが張り巡らせていたので、大金が投入されたに違いない。

娘さんがチラッと溢したが、200万バーツを超えるらしい。僕が思うに、それでは全然足りない。

来年から僕らの農園とフラワーパークで売れば、年間20万バーツくらい売れるかもしれないが、とても採算が取れる見込みはない。

お金持ちは、死ぬ前に趣味にお金を使って楽しみたいようだ。

初めから儲けるつもりはなさそう。

彼の育てているフルーツ類は、僕らの農園で売れそうな物ばかりなので、僕らとしては嬉しい。当然、僕らは儲けさせて貰うので彼の利益はその分減ってしまうが、自分の作ったフルーツが売れれば儲からなくても嬉しいみたいだ。

その夜は彼のホテルで夕食会となり、例によって僕は自分じゃ買えない高級ウイスキーを頂いた。

三分の一くらい飲んだが、残りは頂いて帰って来た。

キングパワーの3900バーツ前後の値札がついていたが、彼が買ったものではないと思う。

お金持ちは、人に物をあげたり、食わせたり飲ませたりするのが楽しいのか?

貧乏人の僕には分からない(今や貧乏では無くなったが、根性は貧乏人のまま)。

関連記事

コメント

非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった親父。
タイに来て早10年。挑戦と冒険の心を忘れずに、異国でセカンドライフを謳歌している60代のオヤジです。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる