fc2ブログ

牛糞の作り方

「牛糞が出来たよ。取りに来てよ。」

と地元の2箇所の牛舎から連絡があったので、追加で買ってきた。

約20kgの準乾燥牛糞一袋で30バーツ。

これで、計3700袋投入したことになる。

今日でおおよそ7割方牛糞を土に擂り込んだ。

雨は每日降るけれど、ほんの少ししか降らないので、土が湿る程ではないけれど、何となく牛糞を入れた場所が少し色がコクなった気がする。

はっきり言って、牛君は糞まみれ。糞の上で寝そべっている。

この糞を集めて、上のように天日で干す。

天気にも依るが数日で半乾きになる。

半乾きの糞をこのような屋根付きコンクリート床の牛糞置き場で、更に数日乾かして袋詰め(ここの牛糞は約50リットルで20kg)にしたものを一袋30バーツで売っている。

干し草と配合飼料の比率が違うので、牛糞の質も牛舎によってまちまち。

こんな風に作るので、牛糞は発酵していない。発酵していないけれど、臭くないし、肥料分は僅か。この牛糞100%でも花は育つ。

僕らのニーズは、よく牛舎で管理された乳牛の糞であること。野原の草を食わせた痩せた肉牛の糞だと、糞の中に雑草の種が生きていて、花畑が草だらけになってしまうので使えない。

牛糞を土に混ぜるのは、繊維質の有機物を土に混ぜて、土の保湿性、通気性を高める為。

まだまだ日本の畑のような黒くてふかふかの土には程遠いが、少しづつ土が良くなってきていると思う。

関連記事

コメント

非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった親父。
タイに来て早10年。挑戦と冒険の心を忘れずに、異国でセカンドライフを謳歌している60代のオヤジです。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる