アンパワー水上マーケット:蛍見物ナイトクルージング

昔、NHKのTVで見た蛍のクリスマスツリー。川ベリの木に無数のホタルがとまっていて、それが同期して光る幻想的な光景。

それがこのアンパワー水上マーケット近辺で見られると言うので、夜7時から1時間のナイト・クルージングに出かけてみた。

熱帯の奥地のマングローブで絶対いけないだろうと思ってたが、バンコクから1時間あまりのタイにあったとはびっくり。

タイでこのホタルはヒンホイหิ่งห้อยという。ホイは貝や女の性器のホイหอยとはイントネーションが異なる。

ヒンホイหิ่งห้อยの最盛期は冬(寒期)で、雨期が終わったばかりのこの時期は、まだ数が少ないのだそうだが、見られるなら少なくてもOK

 

2 SL030161

ホートに乗っていざ出航。ワクワク。

 

2 SL030162

 

2 SL030164

が、しかし、

街を出ると真っ暗闇。ホタルはいたけれど、暗すぎで僕の好感度カメラを持ってしても全く写りません。

 

 

ホタルは何処にでもいるというわけではなく、特定の木を好んで集まっている。岸辺に柳のように枝を垂らして立っているランプーという木。その光を求めて、広い範囲をボートで探したが、船頭さんは

「今日はいないなあ。昨日はいっぱいいたのになあ。」

確かにホタルのいる木はなかなか見つけられなかった。

しかし、いくつか集まっている木があって、一番多かったのは3メートル四方くらいの範囲に200匹くらいがいて、それが興奮した心臓くらいの速さで同期して点滅していた。

思わず「クリスマスツリーみたい」とつぶやいてしまった。

写真に取れなかったのが本当に残念。

そこで、ネットで幾つか写真を拾ってみた。

 


NewImage

NewImage

こんな感じ。

 

僕の目には、日本のホタルより小さく、光の色は緑より白色に近く見えた。

NHKの番組では、一面の無数の木に数万匹の蛍がいて、それが同期して点滅していたので、どんなイルミネーションよりも幻想的だったのだが、この日はまだ時期が早くてちょっとだけという感じ。

クリスマスの頃に、また来てみたい。

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる