Makroの肉売り場

どちらかと言えば業務用の食品資材を売るディスカントストアー「Makro」(タイ人が読むとメコー)がここから400メートルほど離れた場所にある。

僕は時々そこで大量に食料品を買うのだが、タイ語学習のストレスから料理をするのが億劫になり、最近は行っていなかったが、昨日久しぶりに行ってみた。

なんでも安いのだが、一つのパッケージが大きいことが多い。肉や魚、野菜、果物などは、キロあたりいくらで買う。自分で好きなだけビニール袋に詰めて、重さを測ってもらって買う。

見たところ余り衛生的ではないが、とにかく安い。鶏は1kgで200円以下。ただし、骨が取ってない。

IMG 2967

僕が良く買うのは、この部分。骨が一本しか通ってないので使いやすい。いろんな料理に使える。

 

IMG 2968

IMG 2969

ここで、お兄さんに重さを測ってもらって、値札を付けてもらう。 豚肉は大きな塊で売っているので慣れないと気味が悪い。

どの塊も1kg以上ある。

 

IMG 2971

こんな豚のアバラ骨もある。骨ごとに切って焼くと美味しいスペアリブになるが、歯にスジが入って取れなくなる。

 

IMG 2972

脂身の多い部分。日本人は多分好き。タイ人はあまり好きではない。

ちなみに、鶏肉はここで売っているようなブロイラーに関しては、安いけれど味は日本のものと同じ。

豚肉はタイの方が安くて美味しい。

牛肉は高くて不味い。

 

IMG 2973

魚売り場を見ると、川魚に混じって海の魚も結構ある。日本と同じ魚は居ないが、似た魚はいる。どう見てもヒラメと思える45cm1kgの魚を買って、醤油と砂糖で似て食べてみたら、やっぱり美味しかった。550円くらいしたが、3日分はゆうにある。

写真にある料金はキロ当たりの値段なので、500gだったらその半分の値段となる。

 

IMG 2974

やっぱり日本人は海の魚が食べたい。川魚は安いけれど、やっぱりねえ。シマアジ系の魚がなかなか無くて残念。

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる