千日紅ファイヤーワークス

北海道フラワーパークの最前列を飾る重要な花:千日紅ファイヤーワークスの苗が到着して、今日から植込みに入ったため、ファイヤーワークスに付いて纏めてみた。

この花は比較的新しく作られた種であるが、日本では既に広く知られている。

日本の記載では、

■ ヒユ科  半耐寒性多年草(冬期半常緑~落葉)

■ 学 名 : Gomphrena 'Fireworks'

■ 別 名 : グローブ アマランス、ゴンフレナ など

■ 花 期 : 初夏~晩秋

■ 草 丈 : 80cm前後(生育後の高さで花丈も含む)

■ 耐寒性 : 約-5℃

■ 耐暑性 : 中

■ 日 照 : 日向

■ お届けの規格 9~10.5cmポット苗

弾けたような花型が面白いセンニチコウの品種。

一年草タイプと違い、暖地では露地での越冬が可能。初夏から冬近くまで絶え間なく咲き続け、花期がとても長い。

大柄でワイルドな花姿がナチュラルガーデンにも似合う。

別の記事では、

地植えでは草丈が1m前後で大株になり、千日紅の中では花が大きめなので、庭や花壇に植え付けるととても見栄えがします。暑さや乾燥に強く長期間開花し、一度植え付ければたいした手入れもいらないため、長時間の作業がしにくい夏のガーデニングにはうってつけの草花です

しかし、タイでは余りポピュラーになっていない。

僕らがこの花に興味を持ったのは、ワンナムキアオにあるフローラパークで見たからだ(訳者注:タイにもあるじゃん。しかも身近なところに。つまり、あんたは先駆者じゃないな。)

その時の写真はこれ。フローラパークは既に花の時期を過ぎて閉園していたが、この時期の花が観たいと言ったら無料で入園させてくれた。

とても千日紅とは思えない花の形。濃いピンク色と黄色のコントラストも良い。

普通の千日紅よりも、大きく広がる。

種は出来にくそう。

何故、この花に興味を持ったのかと言えば、この写真を撮ったのが去年の6月1日だったこと。つまり、もう雨季の真盛りで、他の殆どの花は4月に終了していたのに、この花は元気に咲き続けていたのだ。

暑さや乾燥に強いので、タイの乾季に合いそう。

届いた苗は状態がとても良く、病気の気配はなかった。

僕らは、これを8000株購入した。

35メートルの畝が約30列分の量。

一株10バーツと高価なので、送料別で8万バーツも掛かった。流石にこれだけを注文するときは悩んだが、この花は他との差別化の切り札にしたかったので、思い切って購入した。

植え付けたところ。

黒っぽい部分は、乳牛の牛糞。

この花がいっぱいに広がる花園は、絶好の写真スポットになるに違いない。

運が良ければ、来年乾季が終わってからも、枯れずに咲き続けるだろう。

沢山の種を取って、来年以降は苗を買わずに植えられるようにしたい。

Related Entries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる