お寺めぐり

事業家のナンに誘われて、2つのお寺周りをしてきた。

僕はよくお寺に誘われるのだが、本当はあまりお寺めぐりは好きではない。一応仏教徒ながら、タイ人みたいに信心深くないし、どこも同じように思えてつまらないのだ。

しかし、今日連れて行ってもらったお寺は2つともちょっと変わっていた。

始めに行ったのは、ホイクワンの駅にほど近いソープランド(アップ・オップ・ヌアット)の間にあるインド系の小さなお寺。駐車場がないので、エメラルドホテルの駐車場に車を停めて歩いた。日本人御用達のナタリーの前で、ナンに「ここは日本人がよく遊びに来るところだよ」と教えてあげたら、ナンは「日本人の男は女好きなの?」と聞いてきた。そんなの国に関係ないとは思ったが、「日本人は女好きだよ」と答えておいた。アップ・オップ・ヌアットが日本から持ち込まれた文化だということをナンは多分知らない。

そのお寺の仏様は、腕が4本あって目が人間みたいで腹が大きなゾウさんの神様。ガネーシャ神というヒンズー教の神様で、障害を取り去り、また財産をもたらすと言われ、商業の神・学問の神らしい。なんかごちゃまぜだが、ヒンズー教からみると、仏教はヒンズー教の小さな一派にすぎない。

どうして、こんなところの小さなお寺にお参りに来たのかというと、今日がそのお寺のお坊さんの誕生日だからだそうだ。

せっかくなので「残りの人生でお金と女に不自由しませんように」とお祈りしてきた。そんなことは日本のお寺でお願いしたら罰当たりだが、ここタイではマイペンライ。それだけじゃ気が引けるので、英語で書いてあったサンスクリットのお経も一節だけ読んで来た。

 

IMG 2600

4本の腕がある。ボストン美術館では無数の手を持ち、若い女を食おうとしているガネーシャがあった。

 

IMG 2601

ゾウの神様の下にいるこの大きなネズミの片耳を手で抑えて、反対側の耳に人に聞こえないように何かをお願いする。どういう意味があるのかは分からない。願い事はもともと心の中か小声でするものだが、ネズミの耳にヒソヒソ願い事を言うのはユーモラスだ。でもお祈りするタイ人の表情は真剣そのもの。

 

IMG 2604

IMG 2605

タイのお寺は、ヒンズー教からミャンマー系の仏教、中国系の仏教と色々種類がある。

ここの仏様は男女のペア。仲良く座って微笑んでいる。こういう仏像は始めて。

 

 

 

次に行ったのは、オンヌットの近くのプラカノン川のほとりにあるお寺。

IMG 2616

場所は青丸のところ。

 

IMG 2609

雨が上がったところだったが、結構人がたくさん居た。

 

IMG 2610

このお店で、放流するための生き物も買う。

生き物を自由にしてあげることで、得を積むというわけだ。

 

IMG 2611

小魚一匹10バーツ。観賞用の熱帯魚より高い。

 

IMG 2613

僕達が買ったのは、カメ2匹、なまず1匹、カニ2匹。それと、写真にはないが、泥にまみれた小さな巻き貝を2kgほど。

それぞれの生き物に意味があるらしい。健康を祈るなら〇〇。家内安全なら△△といった具合。ただ、タイ語がよくわからないので詳しくは理解できなかった。

 

IMG 2624

ここが放流する川。対岸は写真のように人が住んでいた。

 

IMG 2619

一気に放流。

水は黒く見えるが、結構透明度がある。川には魚がいっぱい。

 

IMG 2622

放流したカメが泳いでいる。

 

IMG 2625

放流地点から上流側を見たところ。穏やかだが、わりと速く流れている。大きな魚が時々水面に顔を出す。

 

IMG 2626

下流側

 

IMG 2635

放流後にお祈りしたのはこの標識のある仏様。

昔、ある女性が妊娠したが、夫が遠くに行かなければならなくなり別れ別れに。夫が帰ったときは妻はもう死んでいたが、何故か川で毎日会うことが出来たとか説明してくれたような気がする。

 

IMG 2636

これが逢瀬につかったカヌー。

 

IMG 2628

こういう水辺には、何故か悲しい女を祭ったお寺が多い。

ナコンラチャシマのサイ・ンガーン公園も似た雰囲気だった。木に巻いたカラフルな布。

 

IMG 2629

女性の服や絵がいっぱい。生活の匂いがするが、ここでお参りをする。

若い女性がたくさんお参りに来ていた。男性はわずか。

 

 

IMG 2630

まるで生活空間のようなお祈り場。

 

IMG 2632

見つけたタイ文字の時計。年代物かと思ったら、クォーツだった。

蛇の這った痕にしか思えなかった文字も、いつの間にか読めるようになった。

 

IMG 2634

お店の人がイヌと猫に餌をあげていた。お米が主体の餌で、犬達は不味そうに食べていた。

 

IMG 2638

カンボジアからの屋台。ちょっと変わったものが多かった。歯で出来た飾り物や古銭。薬草の球根。

 

IMG 2639

翡翠や石のブレスレット。見たところ天然石らしかった。

僕はいつものように何も買わない。写真だけが僕のお土産。カメラを持って行かなかったのが残念。

 

 

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
2位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
2位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる