珊瑚とニモ

リペ島最大のパタヤビーチは、船が多く、泳ぐには危険だし、あんまり自然の情緒がないが、リペ島の浜の中では一番水質と珊瑚の成育が良いと感じた。

パタヤビーチにしても、その周辺の小さな砂浜にしても、水深僅か2メートル位で生きた珊瑚が茂っていた。

パタヤビーチの場合は、浜から100~200メートルも沖に出ても、まだ推進は2~3メートル位で、流れもなくシュノーケリングはとてもしやすい(ボートには要注意)。

枝珊瑚やテーブル珊瑚は多くはなかったが、白化したりオニヒトデに荒らされた珊瑚は殆ど見当たらず、大きなイソギンチャクやシャコ貝がいっぱい生息していた。

住民はシャコ貝を食べないのだろうか? あれは刺身で食うとコリコリして絶品で、八重山辺りじゃ中国人に漁られてしまっているのだが、リペ島では採られた形跡もなく健在だった(国立公園なので採ったら犯罪だけど)。

そして、多くいたイソギンチャクの殆ど全てにクマノミが住んでいた。それも、人気のカクレクマノミ(ニモの大冒険から、タイではプラ・ニモと呼ばれる)。

いろんな海でクマノミはいたが、リペではニモの割合が多くて驚いた。

パタヤビーチからカヤックで西の方の人の居ない浜に行った。楽しかった。

海は澄んでいたが、ブルーというよりエメラルドグリーンという色。

水深2メートル程の底は一面こんな感じ。

プラ・ニモが沢山いて、可愛いので写真をいっぱい撮ってきた。そのごく一部をアップする。

見にくいがここにもクマノミがいる。

こちらはセジロクマノミ。

他にも色んなクマノミがいたが、カクレクマノミことニモの割合は80%以上で驚いた。

浅いところにもトゲトゲのガンガゼが居るので、海では絶対に立たないように。

Related Entries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる