3回目のワクチン接種

今日、3回目のワクチンを接種してきた。

しかし、ここまでに紆余曲折があった。

まず、僕は去年の8月と10月に日本から無償提供されたアストラゼネカ製のワクチンを2回受けていた。

3回目はファイザーかモデルナのワクチンを打ってもらえる話があったが、何時まで経っても連絡が来なかった。

一方、マシュマロちゃんは今までに中国シノファーム製のワクチンを2回接種したが、中国製ワクチンは効かないんじゃないかという不安があり(実際効かない)、昨年かなり高額でモデルナワクチン6回分をバンコク病院で予約購入していた。

しかし、それが今年になっても入荷して来なくて、3月になってもまだ無いという。殆ど詐欺に掛かったとしか思えないが、もう待ってられないということで、2週間ほど前にワンナムクアオの診療所に行って、ワクチンの予約を申し込んだ。

その時、今日火曜日に予約分が打てるということだったので、今日ワーカー達7人を引き連れてワンナムキアオに行ったのだった。お店を人に任せて1時間半掛けて行ったのだ。

ところが、保健所に電話すると、ワンナムキアオ病院に沢山ワクチンがあって打ってもらえるから、そこに行けと言われた。病院に行ってみると、数十分前に来た人を最後にワクチン在庫が無くなったという。(僕らより20分早く来ていたマシュマロいちご園の住込みワーカー2名はワクチンを打てた。)

僕らは一週間前に予約したのに、どういうことだと言い寄ったら、その予約情報が保健所から病院に来てないから知らないという。

流石タイランド。

日本じゃ滅多に起こらない事だが、予約とかアポイントメントに関しては、90%守られないのがタイ。

それは、個人間でも企業間でも同じだ。

タイにはアポイントとかスケジュールという概念自体がないのだと思う。

僕はタイに9年住んで、そういうことにかなり慣れてきたので、この際地団駄踏んで悔しがるのは止めて、ワンナムキアオに遊びに来たんだと思い直し、妹さん夫婦のいちご園を訪ねた。

そしたら、妹さんが言うには、

「今、セントラルコラートに行けばで、毎日予約無しでファイザーのワクチンを打って貰えると誰かが言っていたよよ。」という。

そういう情報を僕らの誰も知らなかったのは問題だが、ネットで調べてみると確かにそう書いてある。

そこで、「どうせ遊びに来たことになったのだから、ダメ元でセントラルコラートまで遊びに行ってみよう!」ということになった。

行ってみると大勢がワクチンを求めて来ていて、僕らも受付番号票が貰えた。

僕らの待ち番号は3770番だった。

こりゃ駄目だと思ったが、スタッフは「全員分打てます」と言う。

スタッフの数も凄い。数えてはないが、多分100人以上居た。パソコンを打つ人、ギョウレツを整理する人、資材を運ぶ人、ワクチンを打つ人を全部合わせると200名くらいたかも知れない。

1時間半くらい待たされたが、僕の順番が来た。

外国人に無料で打ってくれるのか疑問だったが、外国人でも関係ないみたいだった。関係あるのは、今までに何時どんなワクチンを打ったかということ。

僕はパスポートと今までの2回のワクチン接種証明書を持っていったので、それでパス。

スタッフの手順は良く統率されていて、混乱することなく、次次にワクチンを打っていった。

ちょっと感心した。

しかも、外国人もタダ。

接種証明はスマホのアプリで自動的に送られてきた。

ワンナムキアオとはエライ違い。

タイらしくないが、兎も角見事だった。

ファイザー4回目の人も大勢居た。

毎日、やってるそうだ。

証明書はこんな感じ。

この証明書が日本等外国で通用するかどうか不明だが、タイ国内はこれでOKだ。

あっ、コラート最大の公立病院マハラート病院だったんだ。

Related Entries

Comments

Re: No title

そうなんです。それで時期が来れば連絡があると思って待っていたのですが、来なかったので不思議に思ってました。ちゃんと調べて行けば良かったですね。でも、今回もタダだったしマシュマロちゃんやワーカーにも打って貰えたので、まあ良かったです。

No title

こんにちは。
以前ハムケンさんがアストラゼネカを接種した病院で
ファイザーを接種できたはずですよ。
予約なしで。
僕は妻と一緒にその病院で接種しました。
僕もモデルナの詐欺まがいの予約金払っていましたが
残金を払ってモデルナ接種するよりも
無料のファイザーを射って少しでも安価に済む選択をしました。
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる