マシュマロちゃん御満悦

僕らにいちご栽培のノウハウを教えてくれた大御所兄貴のいちご園が、ここ数年上手く行ってなかった。

貸したお金が焦げ付いたことも問題だが、それよりもアンハッピーな兄の将来をマシュマロちゃんは心配していた。

落ち込む兄に、マシュマロちゃんは次の様に提案した。

① 兎に角、花を美しく咲かせて、写真スポットにすること。

② いちごだけじゃなく、コーヒーや飲み物も提供すること。

このうち①は、僕らがバーベナの苗を数千株以上無償提供して、栽培方法を教授した。

セロシアの栽培も勧めて、何処で種を買えば良いか教えた。

その結果、僕らのフラワーパークよりも豪華ないちご園になった。

そのことは2週間ほど前にも書いたが、今日の時点でもワンナムクアオ一番の美しさだった。

この効果で、ワンナムクアオ一番のお客さんの入りになった。

その兄貴が、彼女の提案に従い、コーヒーコーナーも始めた。

だけど、インスタントコーヒーしか飲んだことがない兄は、どうしたら美味しいコーヒーが出来るのか分からない。

そのせいか、さっぱり売れない。

その話を聞いたマシュマロちゃんは眼が輝いた。

家に使ってないエスプレッソマシンを車に詰め込み、

「ワンナムクアオに行くよ!」

と張り切っていた。

[私の出番だ]

[今こそ恩返しガ出来る!]

ち思ったんだろう。

いきなり、僕らよりもサワー類の品数が多い!

カウンターの作り付けは彼の自作。使っている材料を見て、結構景気が良いことが伺われた。

コーヒーが飲めないのはマシュマロちゃんも同じだが、コーヒー作りには彼女の方が年季が入っているので、「私の出番」と思ったようだ。

得意満面で教えている姿を見て、とても御満悦そうだった。

こんな嬉しそうな彼女を見たのは久し振りだ。

僕らにワンナムキアオでのいちご栽培方法を教えてくれた大御所兄貴に恩返しが出来たかも。

家族はライバルでも商売敵でもなく、成功を共に喜び、失敗を共に悲しみ、共に助け合う。それが当たり前で、それが家族というもの。

新鮮な感動を得た僕は、今まで心が荒んでいたのか。

Related Entries

Comments

Re: No title

今までなかったインターネットが設置されていたので、そのうちメタかなんかやり始めるんじゃないでしょうか。

Re: No title

僕はよく分かりませんが、嫁姑関係は日本と似た対立関係があるとタイ人から聞きました。特に、出身地方が違うと習慣や味付が違っていて、それが揉める元の様です。

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

No title

タイ人や中国人の親戚関係を見ていると、仲が良いのが当たり前という感じがします。

嫁姑関係も仲が良いのがデフォルトではないでしょうか。
Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる