バーベナをカット

北海道フラワーパークの第一期終了の最初の作業は、バーベナの株を高さ半分以下に迄カットし、カットした草を取り除いたら、たっぷり肥料と水遣りを行う。

見事に花はなくなった。遠く迄見果たせるようになった。

朝夕、たっぷり水遣りすると、下の方から新しい茎がいっぱい出て来て2週間後には花も咲き出す。

あんなに多くの種を付けたのに、草木は弱らず、こうしてやると再び花が咲くなんて、なんと丈夫な花なんだろう。よっぽどこの辺りの気候に合っているんだな。

数日前にカットした草には、早くも新しい葉が吹き出して来た。

2月には再びびっしりの花が溢れるだろう。

そして、昨日からは白い宿根アスター(タイでは何故かカッターと呼ばれている)を引き抜き出した。

根本から既に多くの芽が出たしている。こちらもここの気候に良くマッチした花だ。

このように、引き抜かなくても、草の上部をカットすれば、直ぐに新しい花が登ってくるが、テンポが速すぎて花が大きく育たないうちに咲いてしまうため、8割の株を引抜いて捨てることにした。

2割は残して、雨季に株分けして来季に植える為の株を沢山作る。

抜いてしまった場所は、耕し直してから、来週ブルーサルビアの苗を植える。ブルーサルビアも大きく育ち、雨季まで長く咲くので重宝する。一面ブルーサルビアの花園も、良い香りだし、とてもタイ人受けする。

また、最後方にあったコスモス畑も耕し直して、そこにはビンク系のタチアオイ(ホリーホック)を沢山植える。

タチアオイは日本では梅雨の前後に咲いて真夏に枯れるが、タイでは、乾季なら何時植えても長く咲く有り難い花だ。タイ人にとっては珍しくないが、一面に咲かせれば写真スポットになるだろう。

このようにして、僕らは今月末からの第二期に備える。

今は、フラワーパーク入場料を無料にして、且つ花の摘み取りもタダにしている。

お客さんの少ない時期で毎日の収入はグッと減ったが、第二期に美しくなったフラワーパークにまた多くのお客さんに来てもらった方が良い。

Related Entries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる