タイのスマートフォン事情

タイでスマートフォンの販売台数が急速に伸びているそうだ。

独市場調査会社GfKによると、スマホが携帯電話全体の販売台数に占める割合はおよそ2年前までは5台に1台程度だったが、現在は5台に2台を上回り、過去1年間の販売台数の42%を占めるに至っている。現在も従来型携帯電話の販売台数が過半数を占めるが、前年同期比では11%減少しており、売上高も38%減だった。以前は40%を占めていた売上高シェアも、現在は15%あまりに落ち込んでいる。

携帯電話の消費者の需要は、昨年第2四半期(4~6月期)から伸び続けており、過去1年間で販売台数が23%増、売上高が61%増と大幅に拡大した。これはスマホ効果によるものだ。スマホの売上高は今年1~3月期に前期比24%増の大幅な伸びを記録している。

 全国的に拡大しているスマホ需要だが、最も急速に伸びているのはタイ東北部とのこと。東北部は、人口、面積ともにタイで最大だが、最も開発が遅れ、平均所得も最も低い地域で、出稼ぎに出る人も少なくない。しかし2011年の洪水以後、工業地区に労働者が戻ってきており、昨年中盤以降はスマホ市場の需要増を後押ししている。

東北部17県の今年1~4月のスマホ販売台数は前年同期比344%増と驚異的な伸びで、タイ中央部の同17%増、西部の同11%増をはるかに上回る。

だんだんとイサーンの生活水準も上がって来て、貧富の差が少なくなってくればいいと思う。

ただし、ソイカーボーイの踊り子はいなくなって欲しくないな。

 

 

 

IMG 2111

バナナも色んな種類があるもんだ。

 

Related Entries

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる