また野生ゾウにやられた

今年も野生ゾウが現れだした。

そして、昨夜、僕らのカオヤイいちご園に侵入されて荒らされた。
植えたバーベナ畑が荒らされて💩された。

まだいちごは植えてなく、被害はさほどではないが、ゾウは一度来た道を何度も来るので、今後どうなるか心配だ。


















愛犬ベリーと住込みワーカーはぐうすか寝ていて気付かず、役に立たなかった。

朝には、もうゾウの姿は何処にも見えなかった。

足跡を見ると、去年も来た母親と子供の2頭みたい。

ゾウの気持ちは分からないが、いちご園の横を通って車道を渡り、戻る途中でいちご園の真ん中の歩道を通って見たら、面白くてちょっと遊んでみた、という感じ。

出来るだけ人間に迷惑をかけないように気を付けて山に帰って行った、という気がする。

電灯やゾウを追っ払う電子音(赤外線センサーで作動)には驚かなかった模様。

カオヤイの野生ゾウ被害を救うレンジャーに電話しても、

「今度ゾウが現れたら、ゾウがいる時に電話してくれ。そしたら、追っ払いに行ってあげます。」

とのことで、役には立たない。

自衛するしかない。

しかし、ゾウを追っ払うのは危険なので、ゾウが来たくなくなる方法を取った。

それは、とても臭い有機溶剤の殺虫剤をいちご園の周りとゾウが来た道に散布して、化学臭プンプンさせてみた。
ついでに、除草剤も混ぜた。

ゾウはデカい鼻があるだけあって、臭覚がとても敏感。きっと、この匂いに危険を感じて近寄らないだろうという予測した。

さて、どうなることやら。
Related Entries

Comments

Private comment

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる